アクセラレータープログラム(用語)
ニッセイ・キャピタル

ニッセイ・キャピタルのアクセラレータープログラム「50M」が3期生秋バッチの募集開始

次の記事

オンデマンド空港シャトルなどを手掛けるNearMeがジョルダンの「乗換案内」と連携、検索結果から予約可能に

ニッセイ・キャピタルは9月28日、アクセラレータープログラム「50M」(フィフティ・エム) 3期生秋バッチについて、参加スタートアップ企業の募集開始を発表した。募集期間は2020年10月1日から11月1日。オンライン説明会は10月5/12/19/26日19時開始。「独自の事業仮説」と「やりぬく熱意」を持つ起業家を最大6社採択予定。

50Mは、ニッセイ・キャピタルの豊富なノウハウと資金力を活かし、最大5000万円のシード投資を実施するアクセラレータープログラム。創業前または創業間もないスタートアップ企業を発掘・育成する最大10ヵ月の起業家支援を行う。

3期秋バッチ 募集概要・プログラムスケジュール

  • 募集対象企業: 強い意志と人間的な魅力をもった、創業前または創業間もないスタートアップ企業
  • 募集期間: 2020年10月1日~11月1日
  • オンライン説明会: 10月5日、12日、19日、26日19時開始
  • 申込方法: 公式サイトより必要資料を入手、準備後、専用エントリーフォームからエントリー
  • DemoDay(5000万円調達企業による投資家向け発表会): 2021年3月中旬

同プログラムは、実質的な返済義務がない事業推進資金500万円を採択時に投資し、続くシード投資資金も原則シリーズA時点で普通株へ転換されるなど、起業家の資本政策の自由度を確保できるような設計を特徴のひとつとしている。

また、「プログラム終了後も1社当たり累計30億円を超える投資が可能」、「ベンチャーキャピタリストと二人三脚で事業のプロトタイプを完成」、「AWS、GCP、HubSpotなど各種スタートアッププログラムの優待提供」なども実施される。

  • 採択時500万円、その後進捗に応じて4500万円出資
  • 出資時の企業価値評価は一律4億円
  • プログラム終了後も1社あたり累計30億円を超える投資が可能。1期生:14社採択、2期生:10社採択、3期生春:7社採択。現在までのシリーズS以降累計投資実行:17社・総額47.1億円(うちNCC24.5億円)
  • 採択企業は、ニッセイ・キャピタル内の50Mシェアオフィス利用可能
  • ベンチャーキャピタリストと二人三脚で事業のプロトタイプを完成。週1回:メンタリング、組織構築、仮説の検証、資金調達戦略に関するレクチャー実施。月1回:ゲストを招いたピッチイベント開催(VC、起業家、金融機関)
  • Demodayの参加者はシリーズS到達、もしくは到達見込みの企業のみ。到達しなかった場合、2022年3月開催予定「Demoday」まで参加継続が可能
  • AWS、GCP、HubSpotなど各種スタートアッププログラムの優待提供

関連記事
ニッセイ・キャピタルが第3期アクセラレーションプログラムの春期募集を開始、採択社には500万円のプレシード出資
ニッセイ・キャピタルのスタートアップ育成プログラム「50M」、第2期生の募集を開始
ニッセイのアクセラレータプログラム「50M」、第1期デモデイ――優勝は船舶のIoT化めざすライトハウス