クレジットスコアの破壊者Petalが58億円超を調達、取引履歴ではなくキャッシュフローで信用度を分析

次の記事

床の上を縦横に移動し棚を上り下りする倉庫用ロボットのExotecが約95億円を調達

ベンチャーキャピタル資金を調達することは、既存の投資家に話をして別の小切手を振り込んでもらうのと同じくらい簡単なこともある。TechCrunchが2019年1月にPetal(ペタル)を最後に取材したとき、同社は3000万ドル(約31億6900万円)のシリーズBラウンドを終え、クレジットカードの世界に挑むというミッションを加速させていた。Petalの競合他社との差別化要因は、クレジットの信用力評価に従来のクレジットスコアではなく、潜在的な借り手のキャッシュフローをチェックする点だ。クレジットカードを持てる財務的能力を有しているが、銀行口座を持っていないことでそれを証明する正式なデータが不足しているユーザーを評価する技術を擁している点だ。

それ以来、多くのことが起こった。新型コロナウイルスの感染蔓延により、何百万人もの人々が仕事を失い、時間を削られ、生活環境が変化したため、従来のクレジットスコアは信頼度が低下してしまった。同時に新型コロナウイルスの感染蔓延の間に、納税者への直接支払いという形での米政府の景気刺激策は実際にはいくつかのクレジットスコアを増加させた。これらの動きを踏まえるると、過去の取引履歴に基づくクレジットスコアよりも、将来のキャッシュフローに基づくアンダーライティング(現状のリスク分析)のほうが現実に即したものになっているわけだ。

現在、ニューヨーク市に本社を置くPetalは事業を拡大している。シリーズBだけでなく、2018年にPetalの1300万ドル(約13億7300万円)のシリーズAラウンドもリードしたValarが、同社の5500万ドル(約58億円)のシリーズCラウンドもリードした。このシリーズCラウンドは、新型コロナウイルスの感染蔓延が本格化した直後の4月にクローズし、米国時間9月24日正式に発表された。

Peter Thiel(ピーター・ティール)資本下の数多くの投資ファンドの1つであるValarはEven、Stash、N26、BlockFi、Point Card、Taxfixなどの企業を支援するなど、フィンテックの世界でその方針を貫いてきた。PetalのCEOである(ジェイソン・グロス)氏に「なぜ既存の投資家からさらに2回も資金を調達したのか」について尋ねたところ、「もし『壊れていなければ直さないでください』という表現を聞いたことがあるなら、私たちはすでに本当に素晴らしい仕事上の関係があり、多くのサポートがあり、役員会での信頼を得られているなら、必ずしもその方向性を変える理由はないということです」とコメントした。

グロス氏は「同社のモデルは、今年進行中の変化の嵐に対処することを可能にしている」と語る。「伝統的な銀行などが撤退を余儀なくされている時期に、Petalのテクノロジーを使えばクレジットが利用に可能になります。顧客や申込者の財務状況を正確に把握し続けることができたことで、今年は『大きく成長』することができました」と続けた。

同氏は、前回TechCrunchが取材したあとに「何万人もの顧客」を獲得していることを明らかにした。

Petalはカードの外観デザインを少し変更した。

資金調達と顧客の増加以外でも、同社は忙しい。2019年、米国バージニア州リッチモンドに第2のオフィスを開設した。それは「リッチモンドは、非常に強く活気に満ちた新しいテクノロジーシーンがあります。バージニア州で最大の大学が集中しており、金融サービスの集積地でもあります」とグロス氏。そして「便利なことに、ニューヨークと同じタイムゾーンを共有しています」と続ける。

同社は昨年9月、 多国籍独立投資銀行のJeffries(ジェフリーズ)から、クレジットカードの運用資金として3億ドル(約317億円)の融資(借入)枠を確保した。また2月には、新たな最高リスク責任者としてKaustav Das(カウスタブ・ダス)氏を採用した。ダス氏は中小企業向け融資プラットフォーム「Kabbage」の出身だ。Kabbageは、新型コロナウイルスの感染蔓延の影響で全国の中小企業に大きな経済的打撃を与えたことを受け、今年初めにアメリカン・エキスプレスに売却された。

Petalは現在約100人の従業員を抱えており、3月からは完全にリモートで業務を行っている。グロス氏によると、今後2年間の目標は「何十万人もの新規顧客を獲得すること」だという。

今回のラウンドにはValarに加えて、Rosecliff Ventures、Afore Capital、RiverPark Ventures、Great Oaks Venture Capital、GR Capital、Nelstone Ventures、Abstract Ventures、Ride Ventures、Gramercy Fund、Adventure Collective、Starta Ventures、NFLスターのKelvin Beachum, Jr.(ケルビン・ビーチャム・Jr)など、多くのファンドや投資家が参加した。同社はこれまでに累計約1億ドル(約105億円)の資金を調達している。

カテゴリー:フィンテック

タグ:Petal 資金調達 クレジットスコア

画像クレジット:Bryan Mullennix / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)