美容クリニックにテックスタートアップの方法論を持ち込むSISU、施術価格の透明化やオンライン即時評価などを提供

次の記事

GreylockとMLTはテック業界の富のサイクルに多様化を促す約100億円のファンドを創設

最近では多くの人が、肌のたるみやシワの補正するためにボトックスやフィラー(注入)治療を顔に受けるようになっている。新型コロナウイルスの感染蔓延でその傾向はさらに強まったかもしれない。ベンチャーキャピタルがこの分野に目を向けるのも不思議ではない。小規模で散在していた眼鏡店の市場がWarby Parker(ワービー・パーカー)のようなスタートアップによって壊滅的な打撃を受けたのと同じように、裏通りの美容クリニックの非常に変化に富んだ経験がいま投資のターゲットになりつつある。

SISUは、この比較的未開拓の世界にテックスタートアップの方法論を持ち込んだ美容クリニックのチェーンだ。同社は現在、GreycroftとBullpen Capitalが率いるシリーズAラウンドで550万ドル(約58億円)を調達している。このラウンドには、PCHの創設者兼CEOであるLiam Casey(リアム・ケイシー)氏、Voxproの共同創設者であるDan & Linda Kiely(ダン&リンダ・キーリー)氏などのエンジェル投資家とともに、Mana VenturesとGaingels Syndicateも参加した。

今回調達した資金は、米国の美容クリニック市場に参入し、唇、あご、目の下、頬、眉などの「顔の特徴」の施術価格を標準化するために使用される。また、シワ除去注射、真皮や顔のフィラー(ヒアルロン酸などの注入)、レーザー、歯のホワイトニングなどの治療も提供する予定だ。いうなれば、Face as a Services(サービスとしての顔)、FaaS事業を展開している。

SISUによると、ボトックスの利用者は単位ごとに課金されるが、多くの場合は結果に関係なく最大本数が販売されることが多いという。SISUは、患者の希望価格を設定するだけで、ウェブサイトには「オンラインでの即時評価」と「デジタル予約」の機能を用意する。

同社は米国でeコマースプラットフォームを立ち上げ、東海岸では20施設の美容クリニックの開設を計画している。アイルランドではすでに8つのクリニックを展開済みだ。

創業者自らが「美容治療のためのOne Medical」と呼ぶSISUは、Dr. James Cotter(ジェームズ・コッター博士)、Dr. Brian Cotter(ブライアン・コッター博士)、アイルランドの起業家であるPat Phelan(パット・フェラン)氏によって率いられており、以前は通信市場で名を馳せていた。フェラン氏は、米国の消費者信用調査会社のTransUnionに2015年に4400万ドル(約46億4200万円)で売却したオンライン本人確認技術を擁するTrustevと、2012年に売却したモバイル接続管理技術をCubic Telecomの両方を設立した人物だ。

彼らは大きな市場に参入している。一部の推計によると「美容医療」市場は2023年までに145億ドル(約1兆5300億円)に達すると予測されている。

カテゴリー:ヘルステック

タグ:SISU 美容

画像クレジット:Blackrock Clinic

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)