アップルが中国App StoreからRSSリーダーのReederとFiery Feedsを削除

次の記事

アップルがiOS 14.2で男女兼用のMxクロースやタキシードを着た女性などの新絵文字を追加、忍者もあり

アップルはまるで中国のApp Storeで中国政府の検閲に満足できないサービスを探しているようだ。ReederとFiery Feedsという2つのRSS(Real Simple Syndication)リーダーアプリは、中国で 「違法」 とされるコンテンツを含んでいることを理由に、中国App Storeから削除されたと発表した。

中国ではあらゆる理由でアプリが禁止されている。RSSのフィードリーダーは、第三者のウェブサイトからコンテンツを取得し、ユーザーが中国のGreat Firewallをバイパスして、それ以外では禁止されている情報にアクセスすることを可能にするため、当局にとって特に厄介だった。

中国でRSSリーダーを利用している人は少ない。中国のインターネットユーザーの9億4000万人ともいわれる大多数は(Xinhua Net記事)は、ByteDance(バイトダンス)のToutiao(今日头条)やWeChat内蔵のコンテンツ購読機能などのアルゴリズムによるニュースアグリゲータから、地元の主要なニュースアプリまで、国内のサービスを通じてニュースを入手しているからだ。

大きな政治的な出来事や規制の変更は、アプリの削除の新たな波を引き起こす可能性があるが、今週2つのRSSフィードリーダーが削除された理由は明らかになっていない。似たようなサービスであるInoreaderは、2017年に中国のApp Storeから追放されている(未訳記事)。Feedlyも現在は中国で利用できない。

今回のアプリ削除は、中国におけるアップルの通常のビジネスの一環とも言える。中国のRSS取り締まりの歴史は2007年にさかのぼり、当局はウェブベースのRSSフィードアグリゲーターを全面的に禁止した。

Fiery FeedsのiOSアプリは、中国ではVPNを使わずに提供されていたが「同期されたサービスの一部はブロックされていた」とFiery FeedsはTechCrunchに明かした。Reederとアップルからのコメントは得られていない。

Fiery Feedsの広報担当者は「『禁止』は中国政府によるもののようなので、アップルに訴えたところで何の役にも立たない」と述べた。

画像クレジット:chinaoffseasonFlickr

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Apple 中国 RSS

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)