マイクロソフトが11月10日にXbox Game Pass Ultimate加入者にEAのサブスクゲームサービスを無料プレゼント

次の記事

アップルが中国App StoreからRSSリーダーのReederとFiery Feedsを削除

今月初め、マイクロソフトはXbox Game Pass Ultimate加入者が追加料金なしで、EA Playを利用可能なることを発表した(マイクロソフトリリース)。EA Playは、Electronic Arts(エレクトロニック・アーツ)のサブスクリプションベースのビデオゲームサービスだ。米国時間9月30日、同社はこの詳細を明らかにした(マイクロソフトリリース)。Xboxのゲームコンソール所有者は11月10日にEA Playの無料サブスクリプションを有効化することができる。

既報のとおり、Xbox Series XとXbox Series Sを11月10日に発売する。ちなみにEA Playには、Fifa 20、Madden NFL 20、Battlefield V、Mass Effect、Dead Spaceなど、EAの各種ゲームが含まれている。

画像クレジット:Mircrosoft

Xbox Game Pass Ultimateサブスクリプションには、同社のゲームライブラリ、Xbox Live Goldサブスクリプション、同社のクラウドゲームサービスxCloud、そして11月にEA Playへのアクセスが含まれる。これが月額1100円で手に入る。なお、月額850円のXbox Live GoldではEA Playを利用できない。

画像クレジット:Microsoft

Windowsでは、Xbox Game Pass、およびXbox Game Pass Ultimateの加入者は、12月にEAのゲームをダウンロードすることができる。少し手間なのは、EAのアカウントを作成する必要があることだ。 EAクライアントアプリをダウンロードし、XboxとEAアカウントをリンクしなければならない。

なお、すでにEA Playの料金を支払っていて、EA Playへのアクセスを許可しているXbox Game Pass Ultimateサブスクリプション利用者は、EA Playのサブスクリプションはキャンセルされ、残りの契約期間はXbox Game Pass Ultimateに充当される。そして、残りの期間が50日から3カ月の間であれば1カ月ぶんの、残りの期間が4カ月から6カ月の場合は2カ月ぶんのXbox Game Pass Ultimateを受け取ることができる。詳細はFAQで確認してほしい。

マイクロソフトはこの機会に、一部のBethesda(ベセスダ)のゲームがサブスクリプションサービスに追加されることを明らかにいている。例えば「Doom Eternal」は10月1日に同サービスでプレイ可能になる。またXboxのリリースでは、Bethesdaが開発中の宇宙を舞台にしたオープンワールドRPG「Starfield」もXbox Game Passに入ることが記載されている。

関連記事:日本マイクロソフトが「Xbox Series S」国内価格を税別2万9980円に改定

カテゴリー:ゲーム / eSports

タグ:Microsoft Xbox Xbox Game Pass

画像クレジット:the blowup / Unsplash

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)