警視庁(組織)

警視庁の協力のもと「指名⼿配被疑者」過去写真から現在の姿をAI予測するプロジェクト開始

次の記事

プレゼンやアイデア提案に使えるビデオ通話向け共有キャンパスツール「Board」をKlaxoonが発表

警視庁の協力のもと「指名⼿配被疑者」の写真から今の姿をAIで予測するプロジェクト開始

ヤフー(Yahoo! JAPAN)・電通デジタル・パーティー(PARTY)の3社は9月30日、警察庁から写真や情報提供などの協⼒を得たうえで、AI(画像解析・⽣成技術)を⽤いて指名⼿配被疑者の現在の姿を予測するプロジェクト「TEHAI」を始動し、情報提供を呼びかける特設サイトを公開した。警視庁による指名⼿配被疑者捜査強化⽉間の11⽉実施に伴い、指名⼿配被疑者の情報提供の促進を⽬的とするもの。実施期間は12⽉31⽇まで。

TEHAIは、AI(画像解析・⽣成技術)を⽤いて指名⼿配被疑者の過去の写真から現在の姿を予測するプロジェクト。今回は、約630名(2020年8⽉末⽇時点)の指名⼿配被疑者の中で、警察庁指定重要指名⼿配被疑者12名のうち5名の現在の姿をAIによって予測している。

同プロジェクトは、指名⼿配被疑者の存在を広く認知してもらい、情報提供により指名⼿配被疑者の検挙の可能性を⾼めることを⽬指す。

またTEHAIサイトでは、5名の指名⼿配被疑者の予測イメージを公開。被疑者の顔をクリックすると、AI によるシミュレーションと体型変化を加味し、被疑者1⼈につき9パターンの予測イメージを閲覧できる。

5名いずれも検挙に結びつく有⼒な情報を提供した⽅に対し報奨⾦が⽤意されており、⼼当たりがある際にはすぐに情報提供ボタンから連絡できる仕組みを採用している。またYahoo! JAPANでは、同社広告枠を通じて同サイトの認知拡⼤を⽬指すとしている。

今回は、AI(画像解析・⽣成技術)を使って、⼤量の顔写真データから加齢に応じた特徴(シワの⼊り具合、⽪膚のたるみ⽅など)を抽出し、過去撮影された被疑者の顔写真にその特徴を適⽤することで現在の姿を予測した(TEHAIによる⽣成画像は、AIが予測する加齢変化の特徴を捉えた予測イメージ画像となり、実際の姿を保証するものではない)。

加齢変化を得意とするAI、⽼化前後のペア画像から特徴を抽出して変換するAIなど、AIが備える特徴から複数のAIを採⽤し、被疑者1⼈あたり9パターンを公開することで、予測の幅を設けた。いずれも数万枚の顔写真データセットから数万回の学習を実施し、⼗分な検証を⾏っている。また、実際の被疑者での⽣成を⾏う前に、実在する⼈物の若い頃の写真を元に⽣成した写真と、その⼈物の現代の写真を⽐較することで「AI による⽼化加⼯」の確からしさを検証している。

関連記事
ロシアの監視技術スタートアップNtechLabが政府系ファンドから13億円超を調達
ファンケルが銀座本店のリニューアルオープンに伴い「ARメイクアップシミュレーター」採用
カネボウ化粧品が約7000通りのメイク提案を行えるAIカウンセリングCOFFmiを「コフレドール」ブランドで開始

カテゴリー:人工知能・AI

タグ:警視庁 TEHAI