データ分析企業のPalantirとワークマネジメントツール開発のAsanaの株価はNYSE上場初日に急騰

次の記事

知識データベースのGoldenが約15.3億円調達、最新技術に関してWikipediaより強いと主張

株式市場は終了し審判が下された。投資家はPalantirとAsana(アサナ)を有望だと判断した。

この2社は米国時間9月30日の午前、対抗するかのようにダイレクトリスティングによる上場デビューを果たした。2018年にダイレクトリスティングで上場したSpotifyとは異なり、ブランド認知のないエンタープライズ向けテック企業でも、ダイレクトリスティングがうまくいくことを証明した。これまでのところ証拠は確たるものであり、その仕組みは投資家を遠ざけていない。

Asanaは初の取引日を1株当たり28.80ドルで終えた。参考価格の21ドルより37%高。初取引は27ドルだった。一方Palantir(パランティア)は9.73ドルで引け、参考価格の7.25%より34%高。初取引は10ドルだった。Asanaの引け値に基づく時価総額は43億ドル(約4535億円9、Palantirの完全希薄化後株式数(最近の証券売却を含む)に基づく時価総額は248億ドル(約2兆61567億円)だった。

ちなみにEquityシリーズの共同ホストであるNatasha Mascarenhas(ナターシャマスカレンハス)と私は、これらの数字について「Equity Shot」で議論した。我々の考察と分析に興味のある人は以下の音声を聴いてほしい。

さて、こうした派手な数字によって、多くの勝者が生まれている。

何よりもまず、Founders Fund(ファウンダーズファンド)は2つの会社に共通する唯一の主要投資家であり、多くの資金を手に入れた。同社はAsanaの5.8%、Palantirの約6.6%を所有し、本日の評価に基づくとラフな計算で正味18億ドル(約1900億円)ほどの利益だ。

一方、BenchmarkはAsanaの9.3%を所有しており、そのほかのPalantirの大株主には、損保ジャパン、Disruptive Technology Solutions、UBS、および8社のVCがいる。

2社の創業者も勝者だ。Dustin Moskovitz(ダスティン・モスコヴィッツ)氏はAsana株の36%を、共同創業者のJustin Rosenstein(ジャスティン・ローゼンスタイン)氏は16.1%を保有している。Palantirでは、3人の創業者、Alex Karp(アレックス・カープ)氏、Stephen Cohen(スティブン・コーエン)氏、Peter Thiel(ピーター・ティール)氏が合わせて数十億ドル相当を手中に収めた。

Asana創業者のジャスティン・ローゼンスタイン氏とダスティン・モスコヴィッツ氏(画像クレジット:Asana)

もちろん社員も現金化を喜んでいる。Asanaはロックアップ期間を設けていないため、社員やインサイダーも自由に売買できる。Palantirはダイレクトリスティングにロックアップを組み合わせたため、今日の取引対象は同社株の28%ほどにすぎない。残りは来年にかけて売却が承認される。

市場閉鎖直後に実施したインタビューでモスコヴィッツ氏は「ワクワクする朝でしたが、最終的には私たちのミッション達成に向かう長い旅路の第一歩にすぎません」と語った。

わずか1日の取引日ではあるが、両社にとって明るく、かつ伝統的IPOがダイレクトリスティングやSPACなどの代替手法との厳しい競争に直面していることを証明する1日だった。

画像クレジット:Michael Nagle/Bloomberg via Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook