ライブストリーミング配信のTwitchが著作権付き音楽を使えるストリーマー向けツールを導入

次の記事

アップルの類似機能Sidecarの登場を受け、AstropadがLuna DisplayのWindows版を発表

Twitch(ツイッチ)は9月30日、クリエイターが自分のストリームに著作権付きの音楽を加えられる新たなツール「Soundtrack by Twitch」を導入した。昨年から開発していたこの機能は著作権をクリアした音楽を簡単に探し出せるようにするだけでなく、クリエイターが直面しているアーカイブ消音問題を解決することも意図している。

立ち上げに際しては、Soundtrack by Twitchがさまざまなレーベルや配信パートナーと協業しているが、大手とは提携していない。提携しているパートナーの初期ラインアップには以下のとおりだ。

  • Soundcloud
  • Monstercat
  • Distrokid
  • cdbaby
  • Empire
  • Westwood Recordings
  • United Masters
  • Alpha Pup
  • Popgang
  • Text Me Records
  • Dim Mak
  • Create Music  Group
  • Chillhop Music
  • Anjunabeats
  • Soundstripe
  • LabelWork
  • mxmtoon
  • future classic
  • Nuclear Blast
  • Season of Mist
  • Chilled Cow
  • Pure Noise Records
  • Symphonic
  • Blkbox
  • Songtradr

「こうしたラインアップによってクリエイターは、Above & Beyond、mxmtoon、Porter Robinson、RAC、SwuMといったアーティストを含むさまざまなジャンルの音楽にアクセスできる」とTwitchは説明する。ユーザーは全部で100万曲以上を無料で使える。

ただ、Twitchはパートナーとの提携条件の詳細については明らかにしなかった。

Spotifyのプレイリストなど、Twitchの一部の音楽パートナーはすでに無料で使用できる音楽を公開してクリエイターに提供してきた。以前からTwitchと提携してきたダンス音楽レーベルのAnjunabeatsは、Twitchストリーム向けに昨年350曲の著作権をフリーにした(Engadget US記事)。一方、Soundcloudはつい最近、新しい音楽探検に興味のある視聴者とつながることを目的に、自前のチャンネルをTwitch上で立ち上げた(未訳記事)。Twitch統合の詳細は一部の参加者が事前に明らかにした。

これまでTwitchの音声認識システムは、ユーザーがストリームでかけるのに必要なライセンスを持っていない音楽に自動でフラグを立てていた。多くのクリエイターが、購入した音楽だったり、あるいはストリーミングサービス料金を払っていれば、その音楽を自分のストリームで流せると誤って認識している。それは正しくない。

実際には、クリエイターが法律をクリアして流せる音楽はかなり少なく、ジャンルも限られている。自身が所有している音楽、あるいはライセンスが供与されているものとなる。

つまり、音楽に関連するTwitch上のさまざまなコンテンツは許されない。ここには、ラジオスタイルのリスニング番組、DJセット、カラオケ、リップシンク、カバー曲など、クリエイターが音楽を使っているもの、また歌詞を表示しているものが含まれる。

TwitchはAudible Magicと過去のVOD(ビデオオンデマンド)をスキャンして著作権違反を調べてきた。そして音楽にフラグが立つと、そのVODは消音されることになる。

Twitchは、2015年にTwitch Music Libraryを立ち上げて音楽著作権問題を解決しようと試みたが、これは昨年何の説明もなく使用中止となった(Raddit記事)。

Soundtrack by Twitchの立ち上げで、音楽が自分のオーディオチャンネルに入ることになり、クリエイターは消音や自身のチャンネルに対するストライキの心配をせずに曲を流すことができる。クリエイターは一連のステーションとTwitchのスタッフが管理するプレイリストから、「リラックス」「Lofi Hip Hop/Beats」「ラップ」といったテーマやジャンル別に音楽を選ぶことができるようになる。

新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響でライブストリーミングプラットフォームのTwitchはアーティストに受け入れられ、Soundtrackの立ち上げは音楽がTwitchエクスペリエンスの大きな部分を占めるようになっていることを受けてのものだ。

同社はAmazon Musicとの提携のもとにStream Aidという慈善興業も開催(Twichブログ)し、Diplo、Barry Gibb、Ryan Tedder、Lauv、Charlie Puth、Die Antwoordといったアーティストを特集した。以来、数多くのミュージシャンのライブストリームをホストし、7月には「音楽・パフォーミングアート」カテゴリーが前年同月比387%増となった。

Twitchはまた、SpotifyのTracy Chan(トレーシー・チャン)氏を音楽プロダクトエンジニアリング責任者として迎え入れ、Bandsintownと提携した。そしてアーティストがTwitch Affiliateのステータスを最速で獲得できるいくつかの方法の提供を開始した。Twitchのライブストリームは今月Amazon Musicのアプリにも統合された。

Soundtrack by Twitchの初期バージョンは9月30日から提供され、PCのOBS、Twitch Studio、そして間もなくStreamlabs OBSで利用できる。

画像クレジット:Twitch

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi