XR Techスタートアップのバルスが10月2日〜4日開催の「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」の6ステージをVR配信へ

次の記事

米食品医薬品局承認の減量製品Plenityを誰もが利用できるように市販するオンライン薬局Roの挑戦

リアルとバーチャルの融合で新たな体験の創造を目指すXR Techスタートアップのバルスは、自社開発の配信視聴アプリ「SPWN」(スポーン)を活用して10月2日~4日に開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」の6ステージを「SPWN」アプリで配信することを発表した。スマートフォンの中にフェスやイベントのようなバーチャルライブ空間が出現する配信視聴アプリで、iOS版Android版が用意されている。具体的には、HOT STAGE、SMILE GARDEN、SKY STAGE、LOFT STAGE、CG labo、バーチャルTIFの6ステージとなる。チケット代金は1日券が6900円、3日間通し券が1万7900円。先行販売限定だった2万5000円のTシャツ&特典付き3日間通し券は売り切れとなっている。

また同社では、「SPWN portal」と呼ばれるサイトでブラウザ経由での配信も手掛けている。2020年4月20日のサービスを立ち上げ以来、累計で420件のイベントを実施。チケットやグッズの購入件数を含む総取引数は14.2万件となり、7.5万人の会員にオンラインイベントに参加したという実績がある。今回は、SPWNアプリ、SPWN portal経由で、TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020を楽しむことができる。

関連記事:演者と連動するAR背景を使ったオンライン配信システムをバルスが構築、ライブ配信を実施

カテゴリー:VR / AR / MR

タグ: バルス