Allbirds CEOが100億円超の調達ラウンド、収益性、SPACについて語る

次の記事

Oculus Quest 2には狭い日本家屋の間取りを大幅変更するだけの価値がある

外出する時間が減り、ワクチンがいつ届くかを夢見る時間が増えるにつれ、ライフスタイル・シューズの人気は高まっている。明らかな恩恵を受けているのはAllbirdsだ。

米国サンフランシスコを拠点とする同社は、快適な履き心地で持続可能なキックス(スニーカー)を開発、2016年にローンチしてすぐにシリコンバレーの人気者になり、その後ほかの地域でも大ヒットを飛ばした。

今年は新型コロナウイルスの感染蔓延の影響で事業が減速したものの、現在では35カ国で製品が購入可能となっており、20店の実店舗が米国やヨーロッパに点在するほか、東京・原宿にも拠点がある。また、中国にも数店舗展開している。

投資家は、Allbirdsにさらなる成長の余地があることを明確に認識している。同社は今年初めにシリーズDの2700万ドル(約28億4400万円)の資金調達を終えた後、ほぼ同じ16億ドル(約1685億円)の評価額でシリーズEの1億ドル(約105億円)の資金調達を終えたばかりだ。また、特別買収目的会社(SPAC)から電話がかかってきていると共同創立者兼CEOのJoey Zwillinger(ジョーイ・ズウィンガー)氏は教えてくれた。今回同氏はチャットでTechCrunchの取材に応じてくれた。

TechCrunch(TC):Allbirdsの靴は世界中で販売されています。最大の市場はどこですか?

Joey Zwillinger(JZ):今のところ最大の市場は米国で、2016年にここでスタートしたのと同じ日にニュージーランドでもスタートしました。しかし、日本、韓国、中国、カナダ、オーストラリアでも成長しています。私たちは世界中に倉庫のネットワークを持っており、25億の人々に商品を届けることができ、その気になれば3日で商品を届けることができます。私たちが構築したインフラを誇りに思っています。

TC:私たちは2020年には予想していたよりも靴を履く機会が減っています。それはAllbirdsのビジネスにどのような影響を与えましたか?

JZ:Allbirdsは成長していますが、新型コロナウイルスの感染拡大が原因で、昨年とは同じペースではありません。人々へのアプローチ方法という点ではオンラインが主ですが、店舗は私たちにとって重要な場所です。感染蔓延で店舗を完全に閉鎖しなければならなかったため、長い間売上の一部を失うことになりました。

TC:小売店の従業員を解雇しなければならなかったのですか?

JZ:小売業の従業員の大部分が働けなくなってしまいましたが、幸いにも4カ月間は給与を全額支給できました。今では20店舗すべての店舗が稼働を再開していますが、これはまったく安全な方法で、誰もが本当に快適に過ごせるようになりました。また、第一線で働く労働者に靴を寄付しました。

TC:Allbirdsは、新しい製品を提供するという点で、今後どのようなことを考えていますか?

JZ:モバイルアプリを立ち上げました。テクノロジーとファッションを融合させた、とてもクールな体験です。バーチャルミラーの中でシューズを試着したり、ほかでは得られないような情報を得ることができます。

また、私たちは4月にランニングシューズを発売しました。出足は私たちの期待を裏切りましたが、10年から15年ほどランニングをしていなかった人や、ジムの閉鎖でランニングを再開している人たちにすぐに注目されるようになりました。このカテゴリーは超ハイステークスで、同じ靴をリピート購入する人が多いのでなかなか踏み込むことができません。しかし私たちは2年かけて作りました。新型コロナウイルスの感染蔓延を見越して発売したわけではありませんが、マラソンシューズでもトレイルシューズでもなく5kmから10kmの距離を走るためのシューズなので、それを明確に表現できたことが成功につながったのだと思います。

TC:ウェアについてはいかがですか?

JV:昨年、アンダーウェアとソックスを何回かに分けて発売しました。これまで使われていなかったテキスタイルを開発したのですが、これは木の繊維とメリノウールをブレンドしたものです。下着は一般的に合成繊維で、プラスチックや綿でできていますが、これはいろいろな理由であまり良い素材ではありません。一方、アウトドアブランドのPatagonia(パタゴニア)のアンダーウェアは驚異的な温度調節能力を持ち、カシミアのような肌触りです。

TC:パタゴニアは社会的・環境的価値観をアピールしています。Allbirdsも同じように進化していますか?

JZ:このような比較をされて、私は信じられないほど身が引き締まっています。小売業における彼らの環境への取り組みを考えると、私たちは彼らと比較されることを願っています。しかし、彼らはアウトドアブランドであり、いわば競合相手ではありません。私たちは彼らともっと小売業の世界を共有して、一緒に環境問題に取り組んでいきたいと思っています。

TC:資金調達をしたばかりですね。利益が出ているのか、出ていないのであれば利益は出せるのでしょうか?

JZ:私たちはほとんどの期間、利益を上げてきました。成長に合わせた規律を持つことは良いことだと思います。最終的な利益が出るよう構造には至っていませんが、まだ投資モードの小さな会社です。新型コロナウイルスの感染蔓延が脱却した後は、成長段階に入るでしょう。

TC:最近は誰も彼もがSPACのために資金を集めています。SPACは、未公開企業が株式を公開するのをかなり早くすることができます。あなたはこのオプションに興味を持ったことはありますか?

JZ:打診は受けていますが興味はありません。私たちは偉大な会社を作りたいと思っていますし、株式公開することはさまざまな理由からそれを可能にするための手助けになるかもしれません。しかし、私たちは適切なタイミングで、最も耐久性があり、持続可能な方法で事業を成長させることができる方法で、それをIPO を実施したいと考えています。厳密な準備をせずに、SPACの機会に飛びつくことに焦点を当てていません。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Allbird

画像クレジット:Allbirds

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)