次回のテック大手企業の公聴会では米通信品位法230条が争点になる

次の記事

「Incubate Camp 13th」の総合1位は、次世代の経営管理クラウドサービスを開発するログラス

またしてもテック企業大物CEOの公聴会が開催されるようだ。米上院商務委員会は米国時間10月1日木曜日、TwitterのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏、FacebookのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏、AlphabetのSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏に対する議会への召喚状を出すことを決定した。ソーシャルメディアの最高経営責任者たちを召喚するという異例の決定は、現代の米国の歴史の中で最も争われている米国大統領選挙に向けて、政治的にも不安定なイベントをスケジュールに追加したことになる。

公聴会は、通信品位法の第230条に焦点を当てることになるだろう。

興味のない読者には無味乾燥に聞こえるかもしれないが、この法律は政治的にも技術業界にとってもかなり重要な話題だ。法律上の盾に小さな変更が加えられているように見えるかもしれないが、その影響は後生まで影響が残るかもしれない。

委員会のRoger Wicker(ロジャー・ウィッカー)委員長は、米国人が「コンテンツの節度を守るには、これらの企業のトップから完全な説明を受けることが必要である」ために公聴会を開催する決定を「必須」とした。

驚くべきことに最高経営責任者(CEO)を召喚する決定は全会一致でした。民主党のMaria Cantwell(マリア・キャントウェル)上院議員も、当初はこの決定に反対していたが最終的にいは賛成に回った。キャントウェル氏は以前、召喚状を発行するというアイデアを「異常な」ステップと呼んでいたが、これは「企業の誤報や嫌がらせをプラットフォームから削除するための努力を冷ます」ことを目的としたものだった。

米上院商業委員会の共和党員には、ウィッカー氏、Ted Cruz(テッド・クルーズ)氏、John Thune(ジョン・チューン)氏、Rick Scott(リック・スコット)氏が含まれる。一方で委員会の民主党員には、カントウェル氏、Amy Klobuchar(エイミー・クロブチャー)氏、Brian Schatz(ブライアン・シャッツ)氏、Kyrsten Sinema(カーステン・シネマ)氏が含まれている。

230条はどうものなのか?

230条は一般的に、Facebookのアカウントやコメント欄からYelpやAmazonのレビューまで、ソーシャルインターネットを確立にした法的インフラとみなされている。短い法律ではあるが、2020年にはますます物議を醸しており、法律家たちは大企業の力を制限するための手段として模索している。

共和党員は、第230条の法的保護を解体することは、反保守的な偏見を受けたソーシャルメディア企業を罰するための方法であると見ている。

重要なのは、トランプ大統領と司法長官のWilliam Barr(ウィリアム・バー)氏が230条を攻撃することに特に関心を示していることだ。今年の初めトランプ大統領は、自身の虚偽の主張を法を脅かす大統領命令で和らげたとして、Twitterを激しく非難した。命令はほとんど意味なさなかったが、トランプ大統領が230条に焦点を当てたことで、バー司法省と彼の指示に従うことを熱望している議会共和党にとっての課題が決まった。この命令は米連邦通信委員会(FCC)の関与をも促した。

米司法省は6月、この法案を児童虐待のような「不正内容」を排除するための取り組みだとして、同法を弱体化させる「一連の具体的な改革案」の基礎を示した。先月、バー司法長官はこれらの提案を盛り込んだ法案を議会に提出した。

民主党は最近になって、230条を追いかける考えに取りかかったが、その理由は異なっている。右派は主に政治的検閲について不満を表明しているが、民主党の議員たちは、230条の変更をソーシャルメディア上で蔓延し続ける虚偽情報やその他の有害なコンテンツについて、プラットフォームに責任を負わせる方法だと見ている。

230条を狙った法案

リンゼイ・グラハムの法案「EARN IT Act」は、おそらくこれまでのところ、230条をターゲットにした法案として最もよく知られています。この法案のトーンダウンされたバージョンは委員会を通過したが、まだ上院の全会派には提出されていない。

6月には、召喚状を発行する委員会のメンバーであるジョン・チューン上院議員とブライアン・シャッツ上院議員が、PACT法として知られる超党派の230条法案を提出したが、これは主にモデレーションの透明性に焦点を当てたものだった。

問題をさらに混乱させるために、今月初めにはトランプ大統領が「230条を直ちに廃止するように」と自身の党に呼びかけた数時間後に、230条に焦点を当てたグラハム氏が後援した別の法案が登場した。しかし、その提案は超党派の後援を得ていなかった。

次の大きなテック公聴会で何が起ころうと、そして230条法案のすべてで何が起ころうと、技術の重要な法的盾を変えるために何かをしようという超党派の意欲があることは明らかだ。

明確なのは、このような基本的な法律に手を加えることは、私たちが知っているようにインターネットに大きな波紋をもたらす可能性があり、軽々しく請け負うべきものではないということ。230条は、次のテック企業大手の公聴会では、その場しのぎにされることになるだろう。

カテゴリー:セキュリティ
タグ:ドナルド・トランプ大統領、Twitter、Facebook、Alphabet、Section 230

画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)