シンガポールGICとTPGがインド小売最大手Reliance Retailに1050億円を出資

次の記事

Google Pixelはメンタルヘルスの観点から「美化フィルター」に狙いを定める

シンガポールの政府投資公社GICはMukesh Ambani(ムケシュ・アンバニ)氏のReliance Retail(リライアンス・リテイル)に7億5200万ドル(約790億円)、そしてTPGも2億5000万ドル(約260億円)投資する、と両社は現地時間10月3日深夜に明らかにした。

GICとTPGはインド最大の小売チェーンであるReliance Retailを支援する最新の著名投資家となる。Reliance Retailは姉妹会社のJio Platforms(ジオ・プラットフォームズ)と同様、インドで最も価値の大きなReliance Industries(リライアンス・インダストリーズ)の子会社だ。

GICとTPGの投資で、Reliance Retailのバリュエーションはプレマネーで585億ドル(約6兆2000億円)となる、と同社は述べた。40カ国で投資を行っているGICはReliance Retailの持ち分1.22%、一方のTPGは0.41%を取得する。

今回の発表は、Reliance Retailの忙しい週を締めくくるものだ。同社はこの3日間、Mubadalaによる8億5500万ドル(約900億円)での1.4%取得、Silver Lakeの2億5400万ドル(約268億円)での0.38%取得、General Atlanticの4億9800万ドル(約525億円)での0.84%取得を発表していた。

2006年創業のReliance Retailはインド国内6500市町村に1万2000店を展開し、毎週350万人が利用する。いくつかの調査会社の推定によると、インドでは全小売の売上高の97%が実在店舗でのものだ。

「Reliance Retailは引き続き広範なサプライチェーンと店舗ネットワーク、強固なロジスティックとデータインフラを用いて顧客や株主に価値を提供すると確信しています」とGICのCEO、Lim Chow Kiat(リム・チョウ・キアット)氏は声明で述べた。

Reliance Retailはスーパーマーケット、家電量販店、ファッション店舗、現金問屋を展開している。ここ数カ月で同社は小売マーケットでの独占を急速に進めた。インドで2番目に大きい小売チェーンであるFuture Group(ヒューチャーグループ)の一部を8月下旬に34億ドル(約3580億円)で買収した

Reliance Retailはまた、昨年末にJioMart(ジオマート)を立ち上げてeコマース分野にも進出した。Reliance RetailとJio Platformsの合同ベンチャーであるJioMartは国内200市町村で事業を展開し、WhatsApp(ワッツアップ)統合でFacebook(フェイスブック)と提携している。

Jio Platformsに今年57億ドル(約6000億円)を投資したFacebookは、インドに6000万店ある家族経営店や中小企業の店舗にデジタル化をもたらすためにRelianceと協業する方法を模索すると述べていた。

Jio Platformsは今年、一連の投資家から200億ドル(約2兆1000億円)超を調達した。投資家にはFacebook、Google(グーグル)、General Atlantic(ゼネラル・アトランティック)、Mubadala(ムバダラ)、Silver Lake(シルバーレイク)、KKRが含まれる。一部の業界幹部は、Jio Platformsへの投資はビジネスケースを伴っておらず、投資する外国企業が主にアンバニ氏とのつながりを深めるためのものだと主張した。アンバニ氏はインドで最も裕福な人物であり、Narendra Modi(ナレンドラ・モディ)首相とも近い。

Reliance Industriesの会長でマネジングディレクターであるアンバニ氏は声明文で「成功している長期投資を世界中で40年近く行っている実績を持つGICが、インドの小売を変革するというミッションでReliance Retailと提携することを嬉しく思います。GICのグローバルネットワークと長期提携の実績はインド小売のトランスフォーメーションにとってかけがえのないものです。今回の投資は当社の戦略とインドの可能性を強く支えるものです」と述べた。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Reliance Retail、資金調達

画像クレジット:Dhiraj Singh / Bloomberg / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi