Twitterが誤った情報と戦うためにツイートにコンテキストを追加する「Birdwatch」システムを開発中

次の記事

Twitterは投稿時の画像プレビューのトリミング方法をユーザーに委ねる方針へ

Twitter(ツイッター)が「Birdwatch」(バードウォッチ)という名の新機能を開発している。同社はプラットフォーム上のツイートにノート形式でコンテキストを追加することで、誤った情報問題にアプローチしようとしていることを認めている。各ツイートの、現在ブロックや報告ツールが置かれているドロップダウンメニューから、対象のツイートを「Birdwatch」対象にすることができる(すなわちモデレートのフラグが立てられていることを意味する)。小さな双眼鏡ボタンは、Twitterタイムラインに公開されたツイート上にも表示される。そのボタンをクリックすると、ユーザーはツイートにつけられたノートの履歴を閲覧できる画面に移動する。

リバースエンジニアリング手法によって発掘されたBirdwatchのスクリーンショットによれば、「Birdwatch Notes」という名の新しいタブが、リスト、トピック、ブックマーク、モーメントなどの他の既存の機能とともにTwitterのサイドバーナビゲーションに追加される。

このセクションでは、「Birdwatch Notes」と呼ばれる、自分の書いたノートの履歴を追うことができる。

この機能は、この夏にTwitterのウェブサイト上で開発の初期段階のものが、リバースエンジニアのJane Manchun Wong(ジェーン・マンチュン・ウォン)氏によって初めて発見された。その時点では、Birdwatchには名前がなかったが、ツイートにフラグを付けたり、ツイートが誤解を招くものかどうかを投票したり、さらに説明のノートを追加したりするためのインターフェースが、明確に示されていた。

彼女による発見の数日後に、Twitterはウェブアプリを更新し、それ以上の調査はできなくなった。

しかし今週、今度はiOS上のTwitterのコードで、非常によく似たインターフェースが再び発見された。

モバイルでこの機能のスクリーンショットをさらにいくつかツイートした、ソーシャルメディアコンサルタントのMatt Navarra(マット・ナバラ)氏によれば、Birdwatchを使用することで、ユーザーはツイートにノートを付け加えることができるという、これらのノートは、ツイート自身の上にある双眼鏡ボタンをクリックすると表示される。

すなわち、ツイートに対して行われたノートによる追加のコンテキストが、一般に公開されるということだ。

はっきりしていないのは、追加のコンテキストでツイートに注釈を付けるためのアクセス権が、Twitterのすべての人に与えられるのか、承認が必要なのか、それとも一部のユーザーまたはファクトチェッカーのみが利用できるのかということだ。

Twitterの早い時期からの利用者でハッシュタグの発明者でもあるChris Messina(クリス・メッシーナ)氏は、BirdwatchがTwitterの偽情報を取り締まるためのある種の「市民による監視」システムになるのではないかという懸念を表明していた(Twitter投稿)が、彼は正しかったようだ。

彼がTwitterのコード内で見つけた情報によれば、それらのノート(Birdwatch Notes)は「contribution」(貢献)と呼ばれ、どうやらクラウドソーシングシステムを暗示しているようだ。(結局のところ、ユーザーは自分だけが見るためのメモを書くのではなく、共有システムに 貢献するようだ)。

画像クレジット:クリス・メッシーナ氏

クラウドソーシングによるモデレートはTwitterにとって目新しいものではない。数年にわたり、TwitterのライブストリーミングアプリPeriscope(ペリスコープは)不正利用を抑え込むためにクラウドソーシング技術に依存して、リアルタイムストリームへのコメントをモデレートしてきた。

ただし、Birdwatchが非技術的な観点からどのように機能するかについては、まだ多くのことがわからないままだ。たとえば、誰もがツイートに注釈を付ける同じ権限を持っているのかどうか、このシステムを荒らそうとする試みがどのように処理されるのか、多数のネガティブな注釈が付けられたときにツイートはどうなるのかなどはわからない。

この数カ月間Twitterは、誤解を招いたり、虚偽だったり、扇情的な内容を含むツイートに対して、より厳しい姿勢をとろうとしてきた。それはトランプ大統領のツイートの一部に、ファクトチェックラベルを適用するまでになっており、その他のツイートをTwitterのルールに違反していることを通知して非表示にすることも行っている。しかし、Twitterはまず規模の拡大を目指して開発され、その後有害コンテンツに関するポリシーと手続きを決定しようとしてきたため、Twitterが全体にモデレーションを拡大する準備は、十分には整っていない。

Twitterにコメントを求めたところ、同社はBirdwatch計画に関する詳細の開示は拒否したが、この機能が誤った情報の拡散を防ぐために設計されていることは認めた。

「私たちは誤った情報の問題に対処し、Twitter上のツイートにより多くのコンテキストを提供するための、多くの方法を模索しています」とTwitterの広報担当者はTechCrunchに語った。「誤った情報は重大な問題であり、それに対処するためのさまざまな方法をテストする予定です」と彼らは付け加えた。

関連記事
敵を知るには敵になろう!向学のためにフェイクニュースを自分で書くAI
Twitterがトランプ大統領のツイートに「要事実確認」の警告を表示
Twitterがトランプ大統領のツイートを非表示した理由を発表、人々の投票意欲を削ぐ可能性がある
「偽ニュース」とは一体何で、何が問題なのか

カテゴリー:
タグ:

画像クレジット:TechCrunch

原文へ
(翻訳:sako)