スウェーデン
Einride

自律走行の電動貨物車両を開発するスウェーデン拠点のEinrideが約10億円調達

次の記事

ブランド・メーカーや小売などB2C事業者のDXを支援するUPBONDが5000万円を調達

スウェーデンのスタートアップであるEinride(アインライド)はここ4年間、周囲の関心や投資を集め、そして不思議な外観をしたポッドでいくつかの企業との契約を獲得してきた。このポッドは電動かつ自律的に走行する車両で、貨物運搬用だ。しかし開発、テスト、自律走行車両認証の促進は費用がかかり、時間を要する。特に運転席すらなく、遠隔操作に頼るタイプではそうだ。

同社はT-Pod車両でいくらかの進展をみせた。現在4台が公道を走行し、顧客のスウェーデン食品生産企業Oatlyの貨物を運搬している。2500万ドル(約26億円)を調達してから1年がたったいま、Einrideは既存の投資家から追加で1000万ドル(約10億円)を調達した。

今回の資金調達発表は同社が10月8日に行う新車両の公開に先立つものだ。車両について多くは明らかにされておらず、短く曖昧なティーザービデオの提供にとどまっている。

Einrideは、1000万ドルの調達ラウンドはNorrsken VCがリードし、EQT Ventures fund、Nordic Ninja VC、Ericsson Venturesが参加したと述べた。Nordic Ninja VCはEinrideの顧問会議にも加わる。

調達した資金はEinride Podsの公式展開の促進に向けて使われる、とEinrideは述べた。同社は、新型コロナウイルスパンデミックの初期にAIとロボティクスのスタートアップがめちゃくちゃな状態になり、閉鎖したところもあることを認識していた。そして、コンタクトレスの配達オプションに対する需要が新型コロナの影響で増大していることは偶然の一致ではないとしている。現在のOatlyやスーパーマーケットチェーンLidlとの提携、そして顧客に出荷量や輸送距離、それに伴うガス排出量に関する情報を提供するための貨物モビリティプラットフォームの立ち上げを含めた「新たな提携の強い引き合い」を維持してきたた、と述べた。

「自律走行トラックに関しては多くの期待と不確定要素が入り混じっています。しかしわかっていることは、歴史において最大のビジネスチャンスの1つであるということです」とEinrideのCEO、Robert Falck(ロバート・ファルク)氏は声明で述べた 。同氏は、自律輸送産業が数年のうちに、特にグローバルパンデミックを受けて拡大する可能性があると見込んでいる、と付け加えた。

カテゴリー:モビリティ
タグ:資金調達、自動運転、Einride、スウェーデン

画像クレジット:Einride

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi