ハードウェア
Cocoa Press

チョコレート整形用3Dプリンターを開発するスタートアップCocoa Pressの挑戦

次の記事

BuzzreachがAPI連携で構築したがん治験情報検索サービスをFWD富士生命と患者に向け提供

フィラデルフィアを拠点にチョコレート用の3Dプリンターを作るスタートアップ、Cocoa Pressの創業者であるEvan Weinstein(エヴァン・ワインスタイン氏)氏は、実はあまり甘いものが好きではない。しかし、若い創業者は3Dプリント技術に魅了され、その技術を前進させる方法を探していた。「そして私はチョコレートに行き当たりました」と同氏。その結果、Cocoa Pressが誕生したというわけだ。

同氏によると「食べ物には人とつながる何かがあり、それは特にチョコレートに当てはまる」という。この3Dチョコレート印刷機は、そういった人を引きつけるために開発された。

GrandView Researchのレポートによると、世界的なチョコレート産業は2019年に1305億ドル(約13兆7000億円)の規模となっており、ワインスタイン氏はCocoa Pressのプリンターがアマチュア愛好家やチョコレート愛好家がこの市場に食い込むのに役立つと考えている。

ペンシルバニア大学を卒業した同氏だが、最初のビジネスとなる技術の開発は、フィラデルフィア北西部にある私立学校スプリングサイド・チェスナットヒル・アカデミーで高校生のときにを始めた。

個人的なブログで自分の進歩を記録していたが、大学で学位を取得するため、一度はカカオニブ(カカオの破片、チョコレート)を捨てた。しかし、自身からチョコレート中毒を完全に取り除くことができなかったのでプロジェクトを再開し、チョコレート店に戻ってきた。ワインスタイン氏が撮影した2018年の動画には、プリンターの作業中の様子が収められている。

大学からのいくらかの助成金と、Pennovation Acceleratorからの少しの資金提供で本格的に開発を始め、同社は現在、5500ドル(約58万円)のプリンターの予約注文を受け付ける準備ができている。

ワインスタイン氏は、自らが生み出した菓子の商品化に向けて、ココアを散りばめた輝かしい足跡をたどっている。5年前、ペンシルバニアで最も有名なチョコレート屋のHerseys(ハーシーズ)(ハーシーズ)が、チョコレートの3Dプリンターに挑戦した。同社はその斬新な技術を実用化し、数々のデモでその技術的な偉業を披露したが、実現不可能な経済的現実という厳しい光の下でプロジェクトはお蔵入りとなった。経済的現実という厳しい光の下でプロジェクトはお蔵入りとなった。

ワインスタイン氏は実際にハーシーズの人々と話をして、Cocoa Pressの製品は消費者や企業にとってより堅実な提案になり得ると確信したようだ。

「彼らは、売れるプリンターを作ることに終始しなかった」とワインスタイン氏を振り返る。「ハーシーはPennovation Centerのメインスポンサーなので、私はハーシー社とつながりを持つことができました。彼らは当時の制限は技術的な制限でしたが、彼らが得た顧客からのフィードバックは非常にポジティブでした」とのこと。

「Herseysは、販売可能なプリンターを作るまでには至りませんでした。Hersheyと連絡が取れたのは、彼らがPennovation Centerのメインスポンサーだったからです。当時の制約は技術的なものでしたが、彼らが得た顧客のフィードバックは本当にポジティブでした」と同氏は振り返る。つまり、ワインスタイン氏が知る限り、彼の会社は米国で唯一のチョコレート印刷会社ということになる。

甘いビジネスモデル

最初のチョコレートバーは、1847年に英国のショコラティエであるJ.S. Fry and Sons(J.S.フライ&サンズ)によって作られたもので、砂糖、ココアバター、チョコレートリカーが材料だった。しかし、1876年にDaniel Pieter (ダニエル・ピーター)氏とHenri Nestle(アンリ・ネスレ)氏がミルクチョコレートを大衆市場に出し、1879年にRudolf Lindt(ルドルフ・リンツ)氏がチョコレートを混ぜて空気を入れるコンクマシンを発明してからは、チョコレートバーが本当に人気を博した。

それ以来、チョコレートのフォームファクターはあまり変わっていないが「Cocoa Pressはそれを変えることを約束します」とワインスタイン氏。

同社は、市場最大手のホワイトラベルチョコレートプロバイダーである、Guittard Chocolate Company(ギタードチョコレートカンパニー)とCallebaut Chocolate(カレボーチョコレート)からチョコレートを調達し、顧客にチョコレートの詰め替え用を再販することで収益モデルを構築する。「企業は独自のチョコレートを製造し、それを利用することもできる」とワインスタイン氏は言う。

「私たちは、すでにある何千ものチョコレート店と競合することは望んでいません。チョコレート印刷機を世界に広めたいだけなのです。ビジネスモデルは、チョコレートの知識がない人のための機械と消耗品です」と語る。

ワインスタイン氏は、Cocoa Pressのプリンターの導入によってオールインワンのチョコレート店の開店を可能にすることを想定しており、顧客はプリンターとチョコレートを購入すれば自ら作ることができる。さらに、カカオ豆からチョコレートバーを一貫製造するいわゆるBean-to-Barのチョコレートメーカーの何社と協力して、独自のシングルオリジンチョコレートを開発する計画もある。

3Dチョコレートプリンターの「Noah Weinstein」(画像クレジット:Cocoa Press

ワインスタイン氏によると、チョコレート店は必要な機器を購入するのに約5万7000ドル(約600万円)ほどかかるが、Cocoa Pressは5500ドル(約58万円)なのでお買い得感があるとのこと。Cocoa Pressでは、10月10日に予約注文を開始し、来年半ばまでにプリンターを出荷する予定だ。

この若い起業家は、3Dプリントされた菓子の市場は世界で5億ドル(約530億円)規模の産業になるだろうと予測しているが、その中にチョコレートを含まれてない。なぜならCocoa Pressのような安価な経済的な機械を作るのはこれまでは困難だったからだ。

最初は甘いものが好きで始めたわけではないかもしれないが、今では確実にこの業界の味を身につけている。そして、Cocoa Pressのマシンを使った生産者からのチョコレートを、より多くの愛好家に届けることを楽しみにしているそうだ。

「私はこのような小さなお店で働くことに興奮しています。興味深いものを作っているからです」 と同氏。「シナモン・クミン・フレーバー、素晴らしいです」。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Cocoa Press、3Dプリンター

画像クレジット:Jag_cz/ Getty Images under a license.

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)