Catlog
RABO

猫専用ロギングデバイスCatlog開発のRABOから猫トイレ計量器Catlog Boardが登場、猫様データの一元管理目指す

次の記事

学習支援SaaS「Monoxer」提供のモノグサが総額4.4億円を調達、アライアンスを推進

猫専用首輪型ロギングデバイス「Catlog」(キャトログ)を開発・販売しているRABOは10月5日、第2弾プロダクトとして猫トイレの計量器「Catlog Board」(キャトログボード)を発表。本日より11時より、クラウドファンディング・テストマーケティングサイトの「Makuake」にてプロジェクトを開始した。

先着限定販売は以下のとおり。一軒家や多頭飼いの場合は複数台を割り引き価格で応援購入することが可能だ。

  • Catlog Board×1台:4400円(70名限定、50%オフ)
  • Catlog Board×2台:8800円(50名限定、50%オフ)
  • Catlog Board×3台:1万3000円(20名限定、51%オフ)
  • Catlog Board×4台:1万7000円(10名限定、53%オフ)

先着の応援購入以外にも、100名限定で一般販売予定価格から45%オフの4800円コースも用意されている。

Catlog Boardは、既存の猫トイレの下部に設置することで、猫の体重と尿量、回数を自動記録できる計測器。Catlogと併用すれば、ごはんを食べる、寝ている、くつろいでいる、走っている、歩いている、毛づくろいの6種類の行動とともに、専用スマートフォンアプリで参照可能だ。なおCatlogについては「水飲み」の行動についても最終検証段階に入っており、近日中に利用可能になるという。

なお、体重や尿量、トイレ回数などについては、獣医学的な診断ではないが、RABOに所属する獣医師がデータを分析している。

なお多頭飼いの場合は、各猫の体重で識別するほか、Catlogを装着している場合はCatlog BoardとBluetooth通信による確実な個体識別が可能だ。Catlog Boardはコードを猫がかじるリスクを考慮してコードレス設計となっており、市販の乾電池や充電池で約3カ月電池の交換なしで利用可能だ。

スマートフォンと連動する猫用の体重計としては、国内ではトレッタキャッツ(旧社名:ハチたま)が猫顔認識と録画機能を備えたカメラ内蔵の「トレッタ」を販売中で、収集したデータを獣医師や動物病院など共有・診断する連携サービスを提供している。また米国では、Catlog Boardと同様に既存のトイレの下に設置する計測器としてTailioなどがある。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:RABOCatlogペットMakuake