PayPal傘下のVenmoから初クレカ、最大3%のキャッシュバックとパーソナライズされた特典を提供

次の記事

米国のIonQが史上最強の量子コンピュータを開発したと発表、IBMの量子ボリュームの記録を2桁も上回ると主張

昨年10月、Venmo(ベンモ)は初のクレジットカードを2020年に発売すると発表していた。米国時間10月5日、PayPal傘下のVenmoはクレジットカードを発表し、一部の顧客を対象に展開を開始した。Visaブランドのクレジットカードで、対象となる買い物に3%のキャッシュバック、パーソナライズされた特典、財務状況の追跡・管理ツールを提供する。このカードがVenmoの若いユーザー層にとって魅力的なのは、Venmoモバイルアプリに直接統合されている点だろう。

カード会員は、カテゴリ別に整理された支出をリアルタイムで追跡、購入を分割または共有、キャッシュバック状況の確認、決済、カードの管理などをVenmoモバイルアプリに集約できる。ほかのクレジットカードや銀行のアプリと同様に、購入や支払いが行われた際にリアルタイムでアラートを受け取ることもできるほか、もちろんキャッシュバックがアカウントに適用された際の通知も可能だ。

Venmoカードの特典システムは、カテゴリ別にすべてのVenmoユーザーに一定の割合のキャッシュバックを提供するものではない。例えばApple Cardがベンダーごとに行うように、新しいVenmo Cardの特典システムはパーソナライズされている。

ユーザーは、食料品、請求書と光熱費、健康と美容、ガス、エンターテイメント、食事とナイトライフ、交通機関、旅行の8つの支出カテゴリーから特典を獲得できる。同社によると、最高の支出カテゴリーで3%、2番目に高いカテゴリーで2%、それ以外のすべての購入で1%のポイントを獲得できるとのこと。

Venmoカードは年会費が無料のため、ほかのキャッシュバックカードと比較しても競争力のある特典となっている。しかし、このカードには、キャッシング、延滞・返金、利息などの一般的な手数料がかかる。現在、APR(Annual Percentage Rate)は15.25%から24.24%の範囲で、アカウント所有者の信用力に基づいている。

Venmoでは、Apple Payでの取引に高いキャッシュバック率を支払うApple Cardのようにタッチレスでの購入を奨励していないが、VenmoカードにはPOSでタップして取引を支払うためのRFIDチップが搭載されている。なお、これは完全に非接触ではないがチップリーダーにカードを挿入するよりも接触が少なくて済む。

また、この新しいカードでは、カードが手元に届く前にユーザーは事実上ショッピングを始められる。カードを紛失したり盗まれたりした場合は、Venmoアプリ内から即座にカードを無効にすることも可能だ。Visaを通じて、このカードにはVisaトラディショナルクレジットカードの特典に加え、Visa Signatureカード会員向けの旅行やライフスタイルの特典が含まれている。

ミレニアル世代のユーザーの間ではパーソナライズされたカードの需要が高まっている。Venmoカードは5色のカラーバリエーションで提供され、前面にはユーザー自身のVenmo QRコードが刻印される。これによりユーザーは、支払いを送信したり、購入を分割したりする際に友人のカードをVenmoアプリでスキャンすることができる。

VenmoはすでにMastercardブランドのデビットカードをユーザーに提供してきたが、今回登場したカードはミレニアル世代の顧客層をターゲットにしたものだ。多くのミレニアル世代が結婚して初めての家を購入し始めたいま、彼らはクレジットヒストリーの確立が重要であることを認識し始めている。一方で彼らはまだ大手銀行を敬遠しており、デビットカードのように機能するクレジットカードや、Venmoのような代替のクレジット商品を好むかもしれない。

第2四半期のVenmoの発表によると、支払いアプリを使用しているアクティブなアカウント数は6000万以上、これは12カ月以内に取引を完了したアカウントを意味する。Venmoは第2四半期に、決済アプリを使用しているアクティブなアカウント数が6000万以上あると発表した。同社はまた、直近の四半期には370億ドル(約3兆9100億円)の決済量を報告している。つまり、Venmoには大規模でアクティブなユーザー基盤があり、外部マーケティングだけに頼るのではなく、無料のピアツーピア決済アプリ内から新しいカードの顧客の単価を向上させることができるということだ。

なおVenmoカードはAmazon、eBay、JCPenney、TJX、Stein Mart、American Eagle、Gap、Old Navy、Rooms to Go、Lowe’s およびほかの多くのカードを含む多くのストアカードの供給元として知られているSynchrony(シンクロニー)銀行によって発行されている。

Synchrony銀行では合計で約100種類のカードを発行しており、同社のウェブサイトによるとこれまでに1490億ドル(約15兆7400億円)以上の売上高を記録し、7550万人のアクティブアカウントを保有しているという。

Venmoはこの新しいカードを、Venmoのモバイルアプリを介して現在一部の顧客に提供しているが、今後数カ月のうちに米国内のすべての顧客が利用可能になる予定だ。

カテゴリー:フィンテック
タグ:VenmoPayPal

画像クレジット:Venmo

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)