NVIDIAが価格59ドルの2GBメモリー版「Jetson Nano 2GB Developer Kit」を発表

次の記事

新型コロナウイルス感染拡大によるパーソナライズのニーズの高まりを受け、マイクロソフトが顧客データプラットフォームを強化

NVIDIA(エヌビディア)は10月5日、開発者イベント「GPU Technology Conference」(GTC)を開催。AIおよびロボティス学習者向けのシングルボードコンピューター「Jetson Nano 2GB Developer Kit」を発表した。価格は59ドル(約6200円)で、発売は2020年10月末。

CPUの64bit クアッドコアARM A57(1.43GHz)、GPUの128コア NVIDIA Maxwellについては変わっておらず、演算性能については従来通り472GFLOPSとしている。新たに給電用にUSB-C(5V 3A)端子を採用。

またメモリー4GBの従来製品(Jetson Nano Developer Kit)に対してメモリーを2GBに抑えたほか、カメラ用インターフェース(MIPI CSI-2)が1ポートとなった。USB 3.0ポートも減り、USB 3.0 Type-A×1、USB 2.0 Type-A×2、USB 2.0 Micro-B×1という構成になっている。DisplayPortも省略された。ネットワーク機能については、有線LAN(1000BASE-T)、Wi-Fi(11ac。国により非対応の場合あり)を利用可能。

NVIDIAが価格59ドルの2GBメモリー版「Jetson Nano 2GB Developer Kit」を発表

2GB版は、Linuxデスクトップ環境を含むJetPack SDK(JetPack 4.4.1)でサポート予定。画像処理用のOpenCV、VisionWorks、ディープラーニング用ライブラリーCUDA、cuDNN、TensorRTほか、ディープラーニング用フレームワークTensorFlow、PyTorch、MXNetなどを従来通り利用できる。

NVIDIAが価格59ドルの2GBメモリー版「Jetson Nano 2GB Developer Kit」を発表

関連記事
NVIDIAがArmをソフトバンクグループから4.2兆円超で買収、半導体大手2社が一体に
メルセデス・ベンツとNVIDIAのタッグが「ソフトウェアを中心に据えた」自動車を2024年に市場投入
NVIDIAがAmpereアーキテクチャのデータセンター用GPUを出荷、タンパク質モデリングなどAI学習の性能が20倍に
NVIDIAがLinuxベースのネットワークOS開発のCumulus Networksを買収
Nvidiaの開発者イベントGTCは新型コロナ懸念でオンラインでのみ開催

カテゴリー:ハードウェア
タグ:NVIDIAGTCJetson人工知能・AI