アップルが5G対応のiPhone 12シリーズを日本時間10月14日午前2時に発表へ、待望のオーバーイヤーヘッドフォンも?

次の記事

SpaceXがStarlink衛星の12回目のミッションに成功、700機以上のブロードバンドインターネット衛星が宇宙に

Apple(アップル)から新型iPhoneを披露するハードウェアイベントの招待状が配布された。このイベントは、Apple Watch Series 6と2台の新しいiPadが登場した最後の大きなイベントから約1カ月後に予定されている。

もちろん、まったく予想外の出来事ではない。CEOのTim Cook(ティム・クック)氏は今年に入り、新型コロナウイルスの感染蔓延によるハードウェアサプライチェーンの問題により、同社の新しい主力製品の発売が遅れることを認めていた。

アップルの招待状(画像クレジット:Apple)

iPhone 12は、ついにアップル製品ラインに5G接続を提供することになり、新しいデザイン、チップ、そしてラインのすべてのエントリにOLEDを搭載することなる。5.4インチから6.4インチまで、全部で3種類の新モデルが発表される予定だ。同社はこの機会を利用して、そのほかのハードウェアの追加も行うに違いない。待望のオーバーイヤーヘッドフォン、AirPods Studioがついに登場するのかも。

アップルの招待状日本版(画像クレジット:Apple)

イベントは日本時間10月14日午前2時(米国太平洋夏時間10月13日午前10時)にスタートする。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:アップルiPhone5G

画像クレジット:Bloomberg / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)