SpaceXが米国ミサイル追跡衛星ネットワーク開発支援の契約を獲得

次の記事

アクセシビリティにおける次世代のブレイクスルーは文字通り「あなたの頭の中」にある

SpaceXは、米国の宇宙防衛能力を構築することを任務とする米軍の宇宙開発局から、1億5000万ドル(約158億円)弱の契約を獲得した。契約の対象となるのは、「宇宙輸送機」(Space Vehicles)、つまり実際の衛星を作成して提供することで、ミサイルの事前警告や追跡を世界規模で提供するコンステレーション(衛星群)を形成する。

SpaceXと並んで、SDAはL3Harrisにも同様の機能を提供する契約を約2億ドル(約2億円)で結んだ。L3Harris社は、米国を拠点とする防衛関連業者であり、昨年、HarrisとL3社が合併して設立されたハイテク企業だ。旧来の請負業者を2社を統合して世界の防衛関連企業のトップ10に入る企業になった。L3Harrisがこの仕事に抜擢されても不思議ではないが、SpaceXの契約獲得は間違いなく同社の新しい事業の柱になるだろう。

これらの衛星は、ペイロードは異なるものの、SpaceXが自社のブロードバンドインターネットコンステレーションを構成するために配備しているStarlink衛星に似ている。Starlinkは、体積と冗長性によって全世界をカバーすることができる低地球軌道のコンステレーションとして設計されており、従来の静止衛星と比較してコストとカバー率の面でメリットがある。

米国は、小型衛星を利用した宇宙防衛資源の構築に何度も関心を示してきた。その理由としては、展開の迅速性や対応力、潜在的な敵対勢力による攻撃を受けた場合に役立つ冗長性の構築能力などが挙げられる。

SpaceXが打ち上げサービスだけでなく、人工衛星を含む宇宙船のプロバイダーとしてより頻繁に利用されるようになれば、特に防衛や国家安全保障の契約に関連して、新たな有利な長期的な収益機会がたくさん生まれる可能性がある。

米国は、小型衛星を利用した宇宙ベースの防衛資源を構築することへの関心を繰り返し表明している。その理由として、配備の迅速さ、即応性、潜在的な敵によるあらゆる資源への攻撃に有用となり得る冗長性の観点からの利点を挙げている。

もしSpaceXが打ち上げサービスだけでなく、衛星を含む宇宙船の提供者としてもより頻繁に利用されるようになれば、特に防衛や国家安全保障の契約に関して、収益性の高い長期的な収益機会が数多く生まれる可能性がある。

カテゴリー:宇宙
タグ:SpaceX

画像クレジット:SpaceX

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)