長崎大発の香りAIスタートアップ「REVORN」が資金調達、事業拡大に向け人材獲得

次の記事

Googleアシスタントが視線操作のデバイスにも対応

長崎大学発の香りAIスタートアップ「REVORN」(レボーン)は10月7日、第三者割当増資による資金調達を発表した。引受先は、九州オープンイノベーション1号投資事業有限責任組合(GxPartners LLPとFFGベンチャービジネスパートナーズ)、FFGベンチャー投資事業有限責任組合第2号(FFGベンチャービジネスパートナーズ)。

今回の資金調達により、事業拡大に伴う人材の獲得、顧客企業からの依頼案件の進捗を図るとしている。

2016年4月設立のREVORNは、「『香り』を定義し、新しい世界へ導くこと」を目指し、独自開発のセンサーによって「香り」を情報化し、AIで解析する研究開発型スタートアップ企業。世界中の「香り」データを使用し、「嗅覚」の領域に新しい定義を築き上げることにより、新しい産業の誕生を目指す。
関連記事
凸版印刷がスマホに挿して使えるI-PEX製匂い測定デバイス「noseStick」をb8taで期間限定展示
匂いVRデバイスのVAQSO、受託制作サービス開始――“女の子の匂いがするVR”も好評

カテゴリー:人工知能・AI
タグ:REVORN資金調達日本(国・地域)