自分だけのドリームチームで競い合うファンタジースポーツのSPORTS CROWNが1.2億円を調達

次の記事

長崎大発の香りAIスタートアップ「REVORN」が資金調達、事業拡大に向け人材獲得

新たなスポーツ観戦スタイルとして注目されているファンタジースポーツ「SPORTS CROWN」運営のSPORTS CROWN Pte. Ltd. (旧社名Rabona Pte. Ltd. )は、第三者割当増資による総額1.2億円の資金調達が完了したと発表した。累計調達額は1.9億円となる。

引受先は、大湯俊介氏(コネヒト 創業者)、中川綾太郎氏(newn inc. 代表取締役)、國光宏尚氏(gumi 取締役会長)、里見治紀氏(セガサミーホールディングス 代表取締役社長グループCOO)、見城徹氏(幻冬舎 代表取締役社長)、ベクトル。

今回調達した資金は、マーケティング強化、サービスの研究・開発に加え、エンジニアをはじめとする人材採用に積極的に投資する。今後の展開としては、集積したデータを活用した企業プロモーション、地域産業と連携した地方創生に一役を担えるようなスポーツテック領域におけるリーディングカンパニーを目指すとしている。

自分だけのドリームチームで競い合うファンタジースポーツのSPORTS CROWNが1.2億円を調達

ファンタジースポーツとは、自分の好きな選手を選んで架空のスポーツチームを編成し、活躍する選手などを予想するシミュレーションゲーム。

サッカーや野球、アメリカンフットボール、バスケットボールなど実際に行われているプロスポーツの中から活躍する選手を複数人予想し、自分だけのドリームチームを結成。実際の試合の結果に応じて選手の活躍ごとにポイントが振り分けられる仕組みになっており、ユーザー同士で同じように結成されたドリームチームの合計ポイントを競い合う。

海外におけるファンタジースポーツの市場は大きく、ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザー数は約3200万人で参加者は年間平均で467ドルを費やし、総額150億ドルの一大市場を形成しているという。

2018年1月サービス開始のSPORTS CROWNは、新型コロナウイルスの影響で延期されていたプロスポーツ再開後もユーザー数を伸ばしており、日本最大級のファンタジースポーツに成長しているとした。

関連記事
インドのファンタジースポーツアプリ「Dream11」の親会社が230億円超を調達、クリケットトーナメントのメインスポンサーに
インドのモバイルゲームプラットフォームMobile Premier Leagueが94億円を調達
SorareがJリーグ全選手をブロックチェーン基盤のトレーディングカード化し発行

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:SPORTS CROWNファンタジースポーツ資金調達