DoorDashが企業向け社員食配送サービスDoorDash for Workを開始

次の記事

韓国SK Telecomアクセラレーターの注目企業、自力で経路計画を立てる配達ロボから複数スマホによるスタジオ構築まで

デリバリーサービスのDoorDashが、DoorDash for Workと名付けた一連のプロダクトで、企業がリモートワークの従業員に食事を提供する方法を計画している。

主なプロダクトは4つ。まずDashPass for Workは、何千ものレストランからのオーダーに対し配達料を免除しているDashPassプログラムの費用を雇用主が負担できる。DoorDashによると、ニューヨークのマウントサイナイ病院は4万2000名のヘルスケア従業員にDashPassの会員資格を無料で提供している(PRNewWire記事)。DashPass for Workのその他の顧客には、Charles SchwabやHulu、そしてStanford Research Parkがいる。なお、DashPassとはAmazon Primeの送料無料のDoorDashバージョンのようなものだ。

DoorDash for Workには、雇用主が食事のオーダーに対してクレジットを提供する機能もある。日にちや時間制限のオプションもあり、雇用主は誰かが働いていれば食費を確実に払うことになる。リアルな仕事の場合は、個々の食事のオーダーを大きなグループにまとめることもできる。そしてこのサービスには、従業員のギフトカードもある。例えばZoomは、従業員の誕生日にカードを贈っている。

DoorDashのトップであるBroderick McClinton(ブロデリック・マックリントン)氏はブログで「新型コロナウィルスは私たちの日常生活に深刻な影響を与えた。私たちの食べ方にまでも」と書いている

マックリントン氏はさらに続けて「出勤途中にお気に入りのバリスタに会ったり、ランチルームで同僚とおしゃべりする代わりに今の私たちは、キッチンで多くの時間を過ごし、家で個食している。友達と会ったり、お気に入りのレストランを支援する時間を失った、このニューノーマルにおいては、企業はそれに適応し、社員の幸福と生産性をサポートする新しい方法を探している。そのためには、在宅勤務時代の新しい福利厚生が必要だが、その中には食の支援も含まれる」ともコメントしている。

新型コロナウィルスの感染蔓延のときでも、仕事がある人は無料の食事をそれほど重視しないと思うが、DoorDashが先月1000名の米国人労働者にアンケート調査をしたところ、その90%が「会社の食べ物関連の福利が恋しい」と答えている。

そこでDoorDash for Workというプログラムは、雇用主が食事方面の福利を継続できる方法として設計されている。そしてそれはまた、DoorDashに新しい収益源をもたらす。

関連記事
IPOを延期した米フードデリバリー大手のDoorDash、シリーズHで約430億円の資金調達を認める
DoorDashが大手スーパーと連携しオンデマンドの食料品宅配サービスを拡大、米6州の7500万人をカバー

カテゴリー:シェアリングエコノミー
タグ:DoorDash

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa