超音速旅客機の商用化を目指すBoom Supersonicがデモ機XB-1を披露

次の記事

総務省による第二期政府共通プラットフォームがAWS上で運用開始、行政サービスのDX加速

Boom Supersonicは、商用の超音速旅客機を国際舞台に復帰させるという目標の実現に最も近い位置にいるスタートアップだ。このコロラド州を拠点とする同社は、そのデモ用航空機XB-1の最終設計を米国時間10月7日に披露した。これは完全に機能するプロトタイプの飛行機で、飛行能力とシステムの実機試験を進め、最終的には超音速商用旅客機Overtureの生産に入る。

XB-1は実際のOvertureの縮小バージョンで、商用旅客にビジネスクラスのようなアメニティを提供する予定の客室がない。2021年からBoomの設計を手助けするテストパイロットのためのコックピットは用意されており、その長さは71フィート(約22m)。推進力は3基のGE(ゼネラル・エレクトリック)製J 85-15エンジンで、1万2000ポンドの推力を提供する。

なお、標準的なコックピットウィンドウも備わっているが、空気力学に必要な機首の角度が極端なため、HDビデオカメラとコックピットディスプレイが搭載し、パイロットは飛行機の前方を仮想的に見ることで最大の視界が得られるようになっている。

  1. boom1

  2. boom2

  3. boom3

  4. boom4

  5. boom5

  6. boom6

  7. boom7

  8. boom8

  9. boom9

  10. boom10

  11. boom11

XB-1のフレームは炭素複合材で作られていて、軽量だが非常に高い引張強度と剛性がある。高空なので摩擦は少ないが、超音速飛行で発生する高温にも耐える。BoomはXB-1の製造に際してパイロットの快適性にも配慮し、数百時間にもおよぶユーザーテストにより経済性の最適化も図った。

同社はXB-1を、カリフォルニア州モハーベのモハーベ航空宇宙港でテストする計画だ。テストは来年を予定しているが、地上テストは直ちに始める。同時並行でOvertureの開発も続け、風洞試験や航空機のその他の要素の検証を進めて、2025年に商用機を飛ばすという目標を目指す。

米国時間10月7日の昼に同社は本社でバーチャルの発表会イベントを開催し、創業者でCEOのBlake Scholl(ブレイク・スクール)氏が質問に答えた。

関連記事:JALとVirginが出資するBoomが超音速旅客機開発計画の詳細を明かす

カテゴリー:モビリティ
タグ:Boom Supersonic、超音速旅客機

画像クレジット: Boom

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa