Truecaller

スウェーデン拠点の発信者ID表示サービスTruecallerの月間稼働人数が2.5億人超え、インドが最大のマーケット

次の記事

翻訳アプリのReversoがデスクトップ版をリリース、文書翻訳や企業内サイト翻訳など事業も拡大中

人気の発信者ID表示サービスTruecaller(トゥルーコーラー)は10月7日、月間アクティブユーザーが2億5000万人、デイリーアクティブユーザーが2億人を超えたと明らかにした。多くの企業が世界的な新型コロナウイルス蔓延で打撃を受けているにもかかわらず、Truecallerは成長を加速させている。

ストックホルム拠点の会社の名前がそのままのこのサービスでは、ユーザーは発信者を確認することでスパムコールを回避でき、スパムテキストもフィルターにかけることができる。Truecallerは世界のあちこちで人気だが、多くの人が毎月何十件ものスパムコールを受信するインドはTruecallerにとって最大のマーケットだ。

Apple(アップル)とGoogle(グーグル)は近年、発信者ID機能をモバイルOSで向上させ、またスパムコールを減らすためにほかのいくつかの対策も取ってきたが、Truecallerのサービスには及ばない。

Truecallerの今年2月の月間アクティブユーザーは2億人で、1億人のマイルストーンを達成したのは2018年4月だ。月間アクティブユーザーベースの1億8500万人超はインドのユーザーだ。実際、調査会社App Annieによると、インドで最も使用されている上位10のアプリの中で、TruecallerはGoogleやFacebook(フェイスブック)が開発していない唯一のものだ。

近年Truecallerはプラットフォームをメッセージや決済サービスに拡げた。これにより収益化のスコープが拡大することになった。同社は、9月までの四半期の売上高は前年同期比90%増だったとTechCrunchに語った。今年初め、Truecallerは企業がユーザーに電話をかけることなくアプリでユーザーを認証できる新たなプロダクトを立ち上げた。

Sequoia Capital(セコイアキャピタル)が出資している創業11年のTruecallerはまた、今後2年以内に上場する準備も進めている。創業者でCEOのAlan Mamedi(アラン・マメディ)氏が今年初めのTechCrunchとのインタビューで語った。

同社は10月7日、新COO(最高執行責任者)にFredrik Kjell(フレドリック・チェル)氏を指名したことも発表した。チェル氏はオンラインギャンブリング企業Kindred Group(カインドレッド・グループ)で最高製品責任者を務めていた。

「消費者企業での強固な業務執行バックグラウンド、そして上場大企業での豊富な経験でもって、フレドリックが当社とグローバルの幹部チームの力になってくれると確信しています。Truecallerを次のレベルにもっていくエキサイティングな過程にあり、フレドリックの加入は目標に向け素晴らしいステップです」とマメディ氏は声明で述べた。

カテゴリー:セキュリティ
タグ:Truecaller、

画像クレジット: Noam Galai / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi