アップルが米国で一部のApple TV+のサブスクを2021年2月まで無料延長へ

次の記事

Rokuが新Ultraプレーヤーの2-in-1「Streambar」およびAirPlay 2対応OSを発表

アップルは米国時間10月8日、2020年11月1日に終了するとされているApple TV+の契約を、2021年2月の請求日まで、つまり2021年1月31日まで延長することを明らかにした。

基本的な状況としてアップルは昨年、新しいデバイスの購入者にApple TV+の1年間無料の権利を配っており、それらはすべて11月に終了するように設定されていた。しかしアップルは誰もがまだ新型コロナウィルス関連の制限で厳しい状態であることを知っているので、無料期間を2月まで延長するわけだ。

サブスクリプション開始日が2020年11月1日より前の月間ユーザーにも特典があり、2021年11月、12月、1月に4.99ドルのクレジット(Apple TV+の購読料)をもらえる。クレジットを受け取るために何もする必要はなく、ユーザーはこれらの拡張・クレジットを通知する電子メールを受け取るだけだ。

そしてもちろん、新型コロナウィルスの感染蔓延で厳しい2020年の第4四半期まで、総サブスクリプション数を一定に保つことも狙っているのだろう。

Apple TV+のスタートは、他社サービスに比べるとやや遅かった。デバイスと人気の司会者や俳優、監督を使った高品質な番組の早期レビューで話題になったが、人々は時間の経過とともに番組に慣れていった。当時の私は、それが自然に起こっている砂糖のクラッシュのようなものだと信じていた。

人々はアップルを愛している。The Morning Showはとても人気があるようです。批評家たちはその番組を嫌った。リリースパッケージとしてラインアップされていた影響で、評価が下がったのは間違いないと思います。

あなたが不平を言うとき、誰かが気にすべきかどうかは別問題です。

The Morning Showについては、Apple TV+初のPrime Time Emmy賞を受賞したことでその完成度が証明された。そのほかApple Originals作品は、合計で114件の賞がノミネートされ、35件が受賞している。ところで、Ted Lasso(テッド・ラッソ)は、現在ストリーミングされている中でより賢くて人道的な番組の1つなのでお勧め。スポーツ、無毒な男らしさ、そして心のこもったドラマをうまく融合させた作品だ。

念のために言っておくと、昨年iOSデバイスを初めて購入した人は実際には無料期間が10月31日に終わる可能性がある。心配しないでほしいのは、このオファーにも含まれているということだ。

契約の詳細は次のとおりだ。

  • Apple TV+のサブスクリプションが2021年の2020年11月1日から1月31日までに終了する場合、アップルは無料期間を2021年の2月まで延長する。
  • 2020年1月31日以前に加入した人には、年間加入延長が適用されることを意味する。
  • サブスクリプションが2020年11月15日に終了するように設定されていた場合、最初の請求日は2020年2月15日になる。
  • 同期間中に新しいデバイスを購入せずに年間契約を結んだユーザーは2021年2月まで無料になる。
  • 2020年11月1日より前に月額プランに加入していれば、月額4.99ドルのクレジットがもらえる。
  • 1年間無料で利用できる新しいデバイスプログラムは今後も継続される。

顧客はこの内容について、順次メールを受け取るだろう。

【Japan編集部注】日本での扱いがどうなるかは、現在のところ不明だ。

カテゴリー:ネットワークサービス
タグ:Apple、Apple TV+

画像クレジット: Apple

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)