U.S. Space Force
米宇宙軍
マンダロリアン

米宇宙軍が「マンダロリアン」制作のVFXスタジオに没入型のトレーニングツールを発注

次の記事

ウイスキー熟成を加速させるデータ駆動型プロセス開発のBespoken Spiritsが約2.8億円調達

米宇宙軍(U.S. Space Force)は、所属隊員のほとんどを実際の宇宙で訓練することはできない。そこで米国防軍の比較的新しい部門である同軍は、Slingshot AerospaceにThe Third Floorと協力してVR空間のシミュレーションを作るよう依頼した。

Slingshot Aerospaceは、航空宇宙と地上情報の両方に関連するデータ分析、ツール、コンピュータビジョンを提供している企業。The Third FloorはハリウッドのVFX会社で、Gravity(ゼロ・グラビティ)、The Martian(オデッセイ)、The Mandalorian(マンダロリアン)などの大ヒット作に取り組んでいた企業だ。両社の目標は、現実世界の物理現象を再現できるシミュレーターを生成し、米宇宙軍のインタラクティブなトレーニング機能を提供すること。

Slingshot Aerospaceは、宇宙軍自身からの100万ドル(約1億500万円)の契約とATX Venture Partnersからの100万ドルの資金提供を含め、合計で200万ドルをこのシミュレーターの開発に向けて確保している。最終的な成果物はSlingshot Orbital Laboratory(スリングショット軌道研究所)と呼ばれ、宇宙軍のメンバーに宇宙空間という特殊な場所で、物体や宇宙船がどのように動作し、どのように振る舞うのかをより深く理解してもらうために使用される予定だ。

米国空軍国家安全保障宇宙研究所のMax Lantz(マックス・ランツ)中佐はリリースで「宇宙飛行士は、宇宙力学、軌道上のさまざまな物体の影響、宇宙空間での他の物体間での宇宙船の操縦方法などの複雑な概念を理解する必要がありますが、これらはすべて現在使用しているものよりも、より適応性が高くインタラクティブで、カスタマイズ可能な教育ツールが必要です。これらの基礎理論の理解を深めるための没入型の環境を構築することは、宇宙軍をサポートするために不可欠です」とコメントしている、

Slinghot Aerospaceは、このプロジェクトでシステムのすべての情報学的コンポーネントを扱う。一方The Third Floorは、没入型のビジュアル作成を担当する。同研究所は、あらゆるレベルの教育と技術的理解を持つサービスメンバーが利用できる最終製品を作成することを目標に、使いやすいツールの開発を目指している。

この発表でEnderのGame Battle Roomの雰囲気を感じた人はいるだろうか?

カテゴリー:宇宙
タグ:米宇宙軍、U.S. Space Force、マンダロリアン

画像クレジット:Warner Bros.

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)