Virgin Hyperloopが真空高速輸送システム「ハイパーループ」の安全性テストを実施へ

次の記事

アマゾンがRivianとの提携で初の完全電気自動車を発表、車内にはもちろんAlexa内蔵

Virgin Hyperloopは米国時間10月8日、米国でのハイパーループ輸送(真空状態のチューブを用いた高速輸送システム)の実現という長期的な目標に向けた重要な一歩を踏み出したと発表した。これは米国における国家的な安全認証の枠組みを構築するうえで非常に重要なもので、米運輸省(DOT)との直接の協力が必要になるが、このプロセスは今年7月にDOTが枠組みに先立ってガイダンス文書を発行したことにより、すでに現在進行中だ。

これに先立ってVirgin Hyperloopは、ネバダ州ノースラスベガスにある実物大の試験場でハイパーループ技術の開発とテストを進めてきた。同社はテストを実行するために長さ500mの「開発ループ」を作り、2017年に初の本格的なシステムテストを実施。同社によると「この新しい施設は認証のために特別に使用されるが、同様の大規模なシステム試験も実施され、『数千人』の新しい雇用が創出されることになる」と述べている。

Virgin Hyperloopは最終的には2025年までにシステムの安全性を完全に認証し、うまくいけば2030年までに本格的なシステムで商業運転を開始したいと考えている。

カテゴリー:モビリティ
タグ:Virgin Hyperloopハイパーループ

画像クレジット:Virgin Hyperloop

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)