VR/AR/MR企画・開発のSynamonが2.5億円を調達、人材採用・先端技術活用の価値創出を推進

次の記事

Facebookがミシガン州ウィットマー知事誘拐計画に関わった民兵組織を排除

VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手がけるSynamon(シナモン)は10月9日、第三者割当増資として約2.5億円の資金調達を発表した。引受先は、三井住友海上キャピタル、KDDI設立の「KDDI Open Innovation Fund 3号」、ロゼッタ、三井不動産設立のCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」。また同ラウンドの資金調達は継続し、年内での最終クローズを予定している。

またSynamonは、グローバル・ユビキタスなオフィス、海外旅行、ビジネスイベントのためのVRシステム開発を目指し、ロゼッタと資本業務提携を実施したと明らかにした。

今回調達した資金は、多様なニーズに対応するための技術開発・要件定義や提案内容のレベル向上・組織体制の強化を目的とした採用推進と、関連技術の多様化・高度化に対応するための研究開発および先端技術を活用しての価値創出の推進という観点に対して充当し、事業推進を加速させる。

Synamonは2016年8月の創業から現在までVRをはじめXR技術の社会実装、当たり前に使われている社会を目指し事業展開を推進。2020年8月から5期目となり、昨今のニューノーマルやDX化を推進する社会情勢も背景に、最新テクノロジーの活用を目指した問い合わせを様々な業種、業態の企業から受けているという。

Synamonは、これら様々な用途や要望に応えるべく、単なるプロダクト提供にとどまらず、今までにない新たな価値創出・提供に向け二人三脚で取り組みを進めていけるパートナーとして、顧客とプロジェクトを推進しているとした。

カテゴリー: VR / AR / MR
タグ: Synamon資金調達日本

関連記事
xR技術活用バーチャルライブのLATEGRAが小学館、Bilibili、トーハンから資金調達
新築物件のオンライン接客を支援、VR内覧システム「ROOV」が数億円規模の資金調達
VRプラットフォーム運営のクラスターがKDDIやテレ朝から総額8.3億円を調達
“VR会議”で遠隔でもリッチな対話体験を実現、SynamonがKDDIのファンドらから2.4億円を調達
最優秀賞はAI事業のアラヤ、KDDI∞Laboのデモデイに7社のスタートアップが登壇