ウェブブラウザー(用語)

グレートファイアーウォールを乗り越える中国製ブラウザTuber

次の記事

今週の記事ランキング(2020.10.4〜10.8)

中国では現在、ユーザーがYouTube、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram、Google(グーグル)および他のインターネットサービスにアクセスすることができるツールを持っているが、それ以外の方法では、国内で長い間禁止されている。

最近、Tuberと呼ばれるモバイルブラウザが中国のサードパーティ製Androidストアでデビューし、iOS版のリリースも予定されている。アプリのランディングページは、YouTubeの動画のスクロールフィードを備えているほか、ユーザーが欧米で主流のインターネットサービスをアクセスできるタブも備える。

このアプリを中国のインターネットにおける前例のない「解放」と称賛する人もいれば、ブラウザに検閲のベールがかかっていることにすぐに気づいた人もいる。TechCrunchが行ったテストによると、YouTubeは政治的にセンシティブなキーワード「天安門」「習近平」で検索したが、アプリ上では何の結果も返さなかった。

アプリの使用にも責任が伴う。登録には中国の電話番号が必要なので、個人情報と結びついている。アプリの利用規約によると、ユーザーが憲法違反、国家の安全と主権の危険、噂の流布、社会的秩序の破壊、その他の現地法違反などのコンテンツを「積極的に見る、または共有する」した場合、プラットフォームはユーザーのアカウントを停止し、データ「関係当局と」を共有することができるとある。

中国政府の管轄外にあるサイトをブロックしたり、VPNを使ってGreat Firewall(グレートファイアーウォール)を回避している個人を追跡するのではなく、中国政府は現在、西側諸国のインターネットを垣間見ることができるアプリを提供している。その履歴は当局によって厳重に監視されている可能性はあるが。

アプリについての多くは、起源や背後にある動機など不明のままだ。このアプリの公式ウェブサイト(上海丰炫信息技术有限公司)の運営者は、中国のサイバーセキュリティソフトウェア大手Qihoo 360の子会社が70%を所有している。

【2020.10.10 16:45更新】

Tuberが動画ファーストのインターフェースで中国のYouTube視聴者をターゲットにしているように見えるとすれば、姉妹製品の「Sgreennet」はPCとモバイルの両方で利用可能で、検閲済みの海外サイトにユーザーを接続する通常のウェブブラウザーだ。Qihoo 360自体は2008年から中国のブラウザー市場に参入している。

SgreennetはVPN暗号化技術に基づき「ユーザーの個人情報を追跡、収集、共有することはできない」と主張しているが、Qihoo 360の悪い評判を知っているユーザーからは懐疑的な意見が出てくるだろう。なおMusicallyの初期の投資家であるFu Sheng(フー・シェン)氏は「2010年にQihoo 360がパスワードを含むユーザーデータを記録していた」と主張している。また、ソフトウェアメーカーのSogouは、2013年に反競争的な戦術で同社を訴えた。最も有名で悪名高い事件は、何億人ものユーザーの活動を混乱させた10年前のTencent(テンセント)との長期にわたる戦いだ。

Tuberは、年額約50ドル(約5300円)で広告をスキップしたり、Netflixのコンテンツをストリーミングしたり、高解像度動画をダウンロードしたりでき、2日間でファーウェイのAndroidアプリストアだけで500万ダウンロードを集めた。VPNなしでグレートファイアーウォールを回避できるブラウザーは中国初ではないが、これほど注目を集めたブラウザーはほとんどない。今では禁止されているこのアプリを紹介する記事は、10月9日にWeChat上でバイラルに広まり、一夜の成功に貢献したようだ。中国ではすでに何千万人もの人々が、厳しく検閲されている欧米のインターネットを試すためにこのアプリを使っていると考えて間違いない。

中国政府がQihoo 360にブラウザープロジェクトを進める許可を与えたかどうかは不明だ。ただし同社の幹部2人が、検閲を含む政府のサイバーガバナンス問題に関して業界と学界を連携させることを目的とした組織であるCybersecurity Association of Chinaの主要メンバーであることを考えると、許可を与えていたとしても驚くべきことではないだろう。

現在のところ、Qihoo 360からのコメントは得られていない。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:ウェブブラウザーTuber

画像クレジット:Tuber

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)