日用品を30分以内に届けるデリバリースタートアップのgoPuffが4100億円超の評価額で約400億円を調達

次の記事

「どう生きたいか?」と徹底的に寄り添う、ポジウィルがキャリアのパーソナル・トレーニングへ舵を切った理由

GoPuffはフィラデルフィアに本社を置くスタートアップで、市販薬やベビーフード、アルコールなど、基本的にはコンビニで買うような商品を30分以内に配達するサービスを提供している。

共同創業者のRafael Ilishaye(ラファエル・イリシャエフ)氏と共同CEOを務めるYakir Gola(ヤキール・ゴラ)氏はGoPuffの目標は「市販薬や家庭用品、ベビーフード、アイスクリーム、アルコールに至るまで、30分以内にすべての製品を24時間365日配達すること」だと話す。

メディアでの知名度は比較的低いものの、すでに米国の500カ所以上の都市で利用できるようになっている。最近では、ダラス、マイアミ、デトロイト、ミネアポリス、ヒューストンなどでサービスを開始した。また、発表されたばかりの3億8000万ドル(約401億円)のラウンドを含め、総額13億5000万ドル(約1426億円)の資金調達を済ませており、同社の価値は39億ドル(約4120億円)に達している。

この新しいラウンドは、AccelとD1 Capital Partnersがリードし、Luxor Capitalとソフトバンク・ビジョン・ファンドが参加した。なお、Accelとソフトバンクは以前にも投資を行っている。

「Accelが2018年に初めてgoPuffに投資したのは、チームのオンデマンド配信に対する先見の明のあるアプローチと、独自の垂直統合モデルの構築に必要なインフラ構築へのコミットメントがあったからです」とAccelのパートナーであるRyan Sweeney(ライアン・スウィーニー)氏は声明の中で述べている。「goPuffの集中的なアプローチにより、同社はこれまで見てきた中で最高のユニット・エコノミクスを一貫して提供し、全国的に成長してきました。私たちは、ヤキル、ラファエル、そしてgoPuffチームの他のメンバーの旅立ちを支援するパートナーであり続けることに興奮しています」と続けた。

ゴラ氏によると、イリシャエフ氏と2013年にドレクセル大学に一緒に通っていたときに「便利な商品を配達してもらうためにもっと良い方法があるはずだ」と考えて会社を作ったという。

同社の印象的な軍資金にもかかわらず、goPuffは設立当初から「財政的責任に大きな焦点を当ててきた」とゴラ氏。最初は創業者が配達を行い、キャッシュフローと利益で初期の拡大資金を調達していた。

「私たちにとって初日から重要だったのは、収益を上げ、実際のマージンを確保できるビジネスを始めることでした」とゴラ氏は語る。

これを実現するために同氏は、メーカーから製品を直接仕入れ、goPuffの従業員が担当する200件の「マイクロフルフィルメント」センターと独立したドライバーのネットワークを介して消費者に製品を届けるという、スタートアップの「垂直統合モデル」を構築したことを強調した。

GoPuffは「我々が販売している製品から利益を得る」という意味のほかにも、このモデルでは、ナショナルブランドとローカルブランドの製品をミックスすることができ、「常に新製品を導入し、売れない製品を廃止している」とゴラ氏。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:goPuff、デリバリーサービス、資金調達

画像クレジット:goPuff

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)