10月14日午前2時からのアップルスペシャルイベントはこちらから視聴可能

次の記事

側面にスワイプやタッチインターフェイスを備えた新デザインのNestサーモスタットが登場、価格は約1万3700円

Apple(アップル)は米国時間10月13日、iPhoneの新モデルを発表することになっている。同社は米国太平洋夏時間午前10時(日本時間10月14日午前2時)にバーチャルキーノートを開催する。同社がライブストリーミング配信するので、このページからイベントを視聴可能だ。

噂では、iPhone 12には4モデルが存在すると伝えられている。5.4 インチのディスプレイを備えたiPhone 12 mini、6.1インチのiPhone 12とiPhone 12 Pro、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxだと言われている。

もちろん、5Gネットワーク機能を搭載したモデルも予想される。同社は、5Gが4Gよりも高速である理由を説明するのに時間を費やしそうだが、多くのキャリアがまだいくつかのテスト都市を超えて5Gネットワークを展開していないことを留意しておく必要があるだろう。

しかし、おそらくそれがすべてではないはずだ。アップルは、ワイヤレス充電パッドを発表する確率が高い。今回は開発中止となったAirPowerではなく、MagPowerという製品になるだろう。また、同社はこのアクセサリーのコネクター部分の名称としてMagSafeという名前を復活させるかもしれない

オーディオ新製品として、多くの人が同社がオーバーイヤー型のヘッドフォンを開発していると考えている。これは、AirPodsのラインアップが充実するだろう。さらに、より小型で安価なHomePodを発売するという情報もある。

アップルはYouTubeでカンファレンスの様子をストリーミング配信するので、前述したようにこのページで直接ライブストリームを視聴できる。

なお、Apple TVを持っているなら、App Storeで「Apple Events」アプリをダウンロード・視聴可能だ。Apple TVであれば、今回のイベントのストリーミング視聴はもちろん、過去のイベントの再視聴しも可能だ。アプリのアイコンは数日前にイベントのために更新されました。

Apple TVを持っておらず、YouTubeを使いたくない場合は、同社のウェブサイト上のApple Eventsセクションからイベントをウェブブラウザー経由でライブストリーミングすることも可能だ。このビデオフィードは現在、Safari、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxといった主要なブラウザーのすべてで動作する。

Apple iPhone Event

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleiPhoneApple iPhone Event

画像クレジット:David Paul Morris / Bloomberg / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)