中古車(用語)
中古車販売
MiddleField(企業)

オンライン中古車・パーツ販売プラットフォーム「モタガレ」を運営のMiddleFieldが5.8億円調達

次の記事

Android Studioが折り畳みスマホ用エミュレータを搭載、機械学習プラットフォームTensorFlow Liteのサポートも強化

MiddleFieldは10月13日、シリーズBラウンドで5.8億円の資金調達を完了したこと明らかにした。ファーストクローズ時に3.4億円、9月30日のファイナルクローズで、第三者割当増資と借入含め2.4億円を追加調達。シリーズB累計調達額は5.8億円になる。

ファイナルクローズ時の第三者割当増資の引受先は、フェムトパートナーズ(フェムトグロースファンド2.0投資事業有限責任組合)、D4V(D4V1号投資事業有限責任組合)、千葉道場ファンド(千葉道場2号投資事業有限責任組合)、VOYAGE VENTURES、アドウェイズ、新生企業投資(新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合)。

MiddleFieldは、自動車本体の売買や、車検、整備、部品の売買、保険の加入、ローン組成、B2B販売ツール提供など自動車に関するさまざまな情報をワンストップで取り扱うことを目指すプラットフォーム「モタガレ」などの開発・運営を手掛ける2015年12月設立のスタートアップ。

現在の「モタガレ」は、カスタムを含むクルマのパーツを車種や系統別に詳細に検索できるのが特徴で、国内メーカーはもちろん、欧米の海外メーカーのクルマのパーツも簡単に探し出すことができる。会員になればパーツの取り付け店舗紹介や予約、無料のカスタム相談なども受けられる。

ウェブメディアとしてMotorzも運営しており、車種別のパーツ特集やランキング、キャンペーン情報などのコンテンツもそろっている。

同サイトは2020年8月にリニューアルして、中古車販売のオンライン化の本格展開を開始。現在までに330社の利用実績があり、掲載台数は約3000台まで伸びているという。自動車販売市場は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、新車販売は低迷する一方で、需要増による中古車販売が増加しているそうだ。自動車販売形態についてもオンライン化の流れが進み、トヨタ自動車や楽天などの大手もオンライン販売に乗り出している状況だという。

今回調達した資金は、プラットフォーム拡充のための事業者向けサービスの展開、新規ユーザーの獲得、機能追加、人材採用に投下する。具体的に決定している内容としては、アナログで非効率な業務フローをオンライン化する事業者向け業務効率化システム「モタガレビジネス」の開発拡充、個人の新規ユーザー獲得のための「モタガレ」の広告宣伝の充実などがある。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:MiddleField中古車中古車販売