スタートアップバトル、過去の出場企業を紹介(1):RevComm

次の記事

Twilioによる3370億円でのSegment買収でデベロッパーはデータ活用アプリ開発が容易に

スタートアップバトルの出場登録の締め切りは、10月25日までだ。応募要件に合致していて、出場を迷っている起業家のみなさんにはぜひご登録いただきたい。そんなあなたの背中をそっと押すために、過去のスタートアップバトルに登場した企業を紹介し、彼らの現状を伝えていこう。

今回紹介するのは、昨年のスタートアップバトルで見事最優秀賞を勝ち取ったRevCommだ。同社は、電話営業や顧客対応を可視化する音声解析AI搭載型クラウドIP電話サービス「MiiTel」(ミーテル)を提供。電話営業や電話での顧客対応の内容をAIがリアルタイムで解析することで、成約率を上げつつ、解約率と教育コストの低下を目指す。顧客管理システムとの連携も可能で、顧客名をクリックするだけで簡単に発信できるほか、着信時に顧客情報を自動表示するいった機能もある。電話での会話内容は顧客情報に紐付けてクラウド上に自動録音されるため、すぐにアクセスできる。一部を抜粋して共有することも可能だ。

スタートアップバトルに出場したあとの彼らの軌跡は、以下の記事から確認できる。また、スタートアップバトルへの本登録は記事末のリンクから可能だ。

2020年2月

2020年5月

2020年10月

スタートアップバトルの本登録はこちらから