Zoff
ZEPS
QDレーザ

ZoffのR&D機関が網膜に直接投影するメガネ型ディスプレイ提供のQDレーザと業務提携

次の記事

AmazonがQRコード搭載の商品配達箱で使えるARアプリをリリース

ZoffのR&D機関が網膜に直接投影するメガネ型ディスプレイ提供のQDレーザと提携

メガネブランド「Zoff」(ゾフ)を運営するインターメスティックの研究・開発機関「Zoff Eye Performance Studio」(ZEPS。ゾフ アイパフォーマンス スタジオ)は10月13日、半導体レーザーおよび応用製品の企画・設計開発・製造・販売を行うQDレーザ(キューディーレーザ)との業務提携を発表した。

この業務提携により、半導体レーザー技術を援用した眼鏡処方プロセス刷新への取り組み、「レーザ網膜投影」による眼鏡型弱視支援器具および、次世代の眼鏡であるスマートグラスの共同開発・商用化を開始する。

ZEPSは、「新しい商品」「新しいサービス」を研究・開発し社会実装することを目的に設立したZoff初の研究・開発機関。「メガネや店舗にIT・AI技術を援用することで人間の可能性を拡張し、顧客体験を洗練すること」をビジョンに掲げている。

一方QDレーザは、主要事業のひとつとして「レーザ網膜投影」をコア技術とするレーザーアイウェア事業を展開。すでに弱視を抱える人々を対象とした網膜投影型エイドの商用化と医療機器認証取得を達成しており、「見える」の拡張を続けている。

今回、両社の描く未来像が一致したことから、今回の業務提携が実現。ニューノーマルに順応した「眼鏡処方のプロセス革命」に挑み、さらに、「レーザ網膜投影」による眼鏡型弱視支援器具と次世代の眼鏡であるスマートグラスの共同開発・商用化を開始する。

QDレーザは、富士通研究所のスピンオフベンチャーとして2006年に設立。半導体レーザに関する種々のコア技術を有し、事業を展開。主要事業の1つであるレーザアイウェア事業では、1)ロービジョン・エイド、2)ビジョン・ヘルスケア、3)オーギュメンテッド・ビジョンの3領域で研究開発・製品の製造販売を展開している。

関連記事
東大・松尾研発のAIスタートアップACESとメガネブランドZoffが業務提携、行動認識技術を用いたDXに取り組む
網膜に直接投影するメガネ型ディスプレイの500円レンタルがスタート

カテゴリー:ヘルステック
タグ:ウェアラブルQDレーザZEPSZoff日本