アップルが「MagSafe」でアクセサリーとワイヤレス充電器の新エコシステムを構築

次の記事

Blue OriginのNew Shepardが打ち上げ、NASAの技術テストを実施

Apple(アップル)はiPhone 12を発表したが、その背面にはいくつかの新機能が隠されていた。磁石の力でアクセサリーをiPhoneにピタッとつけられる。同社はこの磁石システムを利用した新しいアクセサリーを発売し、新しいケースやワイヤレス充電器にカードホルダーがある。

本体の背面には何層もの仕掛けが重なっていて、磁力計、銅グラファイトシールド、シールドが2つ、複数の層の磁石、NFCアンテナなどが入っている。

しかしアップルは磁石をつけるためだけに磁石を内蔵したのではない。これによってアクセサリーのまったく新しいエコシステムが築かれ、そこにはアップルブランドのアクセサリーもある。

同社は2種類のワイヤレス充電器を発売する。同社がワイヤレス充電器を発表するのはこれが二度目だ。前回発売予定だったAirPower充電器ではなんらかの製造問題に見舞われ、開発が頓挫した。

新しいMagSafe充電器はiPhoneに磁力でくっつくシンプルなワイヤレス充電器だ。MagSafeデュアル充電器はiPhoneとApple Watchを同時に充電可能なうえ、折り畳めるので持ち歩くのに便利だ。

新しいiPhone 12用ケースは背面にピタッとつく。アップルはMagSafeを使ったシリコン、クリア、レザーのケースを販売する。磁力でくっつくので画面の縁を覆う必要がない。

ケースをつけたままでワイヤレス充電やほかのMagSafeアクセサリーを使うこともできる。例えばアップル純正カードホルダーは別のケースを買うことなく本体の後ろにカードを収納できる。

サードパーティのアクセサリーメーカーはすでにMagSafeアクセサリーに取り掛かっている。Belkin(ベルキン)はカーマウントとマルチ充電ドックを近々発売する予定だ。

関連記事:5G対応のiPhone 12シリーズは10月16日午後9時に予約開始、10月23日から順次出荷

Apple iPhone Event

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleMagSafeApple iPhone Event

画像クレジット:Apple

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook