HBOがイーロン・マスクとSpaceXの6エピソードの限定シリーズを制作中

次の記事

韓国がAI半導体の生産を推進、2030年までに50タイプを開発へ

HBOが、イーロン・マスク氏とSpaceXの創業期を描いた6エピソードの限定シリーズを制作中であるとVarietyが報じている。この番組は、Tesla(テスラ)のCEOでありSpaceXの創業者のマスク氏について書かれたAshlee Vance(アシュリー・バンス)氏の伝記を基にしたものになる予定だ。Varietyの記事によると、億万長者の起業家自身はこのプロジェクトには直接関与していないという。

この限定シリーズでは、マスク氏が小さなエンジニアチームを採用して最初のSpaceXロケットの建造と打ち上げなどを実現した開発部分に焦点を当てる予定だ。シリーズの製作総指揮は、Channing Tatum(チャニング・テイタム)氏とその制作会社、そしてDoug Jung(ダグ・ユング)氏が担当。脚本は、以前に「スター・トレック BEYOND」やNetflixシリーズ「マインドハンター」などのSF映画を数多く手掛けたユング氏が担当するという。

一風変わった億万長者の起業家が伝記小説の中で描かれるのは初めてのことで、SpaceXとマスク氏の描写は興味深いものになるはずだ。SpaceXは創業当初、ロシアの宇宙企業にアプローチして既製品ロケットを購入する可能性があったが、費用がかかりすぎると判断して自社で作ることに決めるなど、話のネタには事欠かない。興味のある読者は、Kimbal Musk(キンバル・マスク)氏のBlogspotで、SpaceXのプロセスの一部と、その初期の頃のオリジナルのロケットを作る過程が詳しく紹介されているのでチェックしておこう。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:イーロン・マスクSpaceXHBO

画像クレジット: Darrell Etherington

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)