アップルがスマートスピーカー新製品「HomePod mini」を11月6日発売

次の記事

Beatsも5400円の安価な新Blutoothイヤフォンを発表、オンラインストアで予約受付開始

アップルがスマートスピーカー新製品「HomePod mini」を11月6日発売

Apple(アップル)は10月14日、スマートスピーカー新製品「HomePod mini」を発表した。価格は税抜1万800円。発売は11月6日予定。本体色はホワイトとスペースグレイの2色。

HomePod miniは、音声アシスタントSiriを搭載するHomePodファミリーの新製品。高さ84.3×幅97.9mmの球形デザインを採用しており、重量は345gとなっている。

アップルがスマートスピーカー新製品「HomePod mini」を11月6日発売

コンパクトなデザインながら、Apple設計のフルレンジドライバーを内蔵しており、ネオジム磁石と一対のフォースキャンセリングパッシブラジエーターを備え、深い低音域とクリアな高音域を実現するという。

さらに、Appleが設計したアコースティックウェーブガイドにより、音の流れをスピーカーの底部に導き、底部から音を響かせることで、360度の臨場感あふれるオーディオを楽しめるようにしている。またこれにより、HomePod miniを部屋のどこに置いても一貫したサウンドを聴けるそうだ。

大音量のサウンドを実現するために、Apple S5チップを搭載。再生する音楽の特性を解析し、複雑なチューニングモデルを適用して音量を最適化し、ダイナミックレンジの調整を行い、そしてドライバーとパッシブラジエーターの動きをリアルタイムで制御する。

アップルがスマートスピーカー新製品「HomePod mini」を11月6日発売

また「Hey Siri」という呼びかけを3つのマイクアレイでを聞き取り、4つ目の内向きのマイクがスピーカーからの音を分離することで、音楽再生時の音声検出を向上させた。

このほか、複数のHomePod miniを同期させることで、音楽やPodcastを複数の部屋にストリーミング可能。ひとつの部屋に2台のHomePod miniを置くと、ステレオペアとして音声コンテンツを再生できるようになる。

HomePod miniは、インターコム機能もサポート。家に2台以上のHomePodシリーズを置くと、同機能機能を使って家族同士で声のやり取りが行える。Siriに話しかけるだけで、メッセージが家中に、または部屋ごとに届けることができる。Siriへの音声コマンドだけで、消灯・室温の調整・ドアの施錠など、スマートホームアクセサリーとの連携も行える。

アップルがスマートスピーカー新製品「HomePod mini」を11月6日発売
関連記事
5G対応のiPhone 12シリーズは10月16日午後9時に予約開始、10月23日から順次出荷
アップルが「MagSafe」でアクセサリーとワイヤレス充電器の新エコシステムを構築
今後iPhoneにイヤフォンや電源アダプターはついてこない
アップルが約1万円のHomePod miniを発表

カテゴリー: ハードウェア
タグ: AppleApple iPhone EventHomePod mini