SpotifyのiOS 14用ウィジェットはジャケットに合わせて自動的に色が変わる

次の記事

コワーキングスペース運営The Wing元CEOが有色人種の女性に対する差別と闘わなかったことを謝罪

10月14日、Spotifyは最新のアップデートで待望のiOS 14用ウィジェットを公開した。新しいウィジェットにはスモールとミディアム2つのサイズがあり、最近再生したアーティストやアルバム、ポッドキャストを1タップでアクセスできる。

小さいほうのウィジェットは直前に聞いた曲だけを表示するのに対して、ミディアムサイズのウィジェットは最近の5曲を表示する。4曲が横一列、最新がトップにある。ユーザーは5曲のうち今すぐ聞きたい曲の小さなサムネイルをタップするとSpotifyアプリのページに直接飛べる。

画像クレジット:Spotify widget, screenshot via TechCrunch

もうひとつこのウィジェットで面白いのが、背景の色がサムネールの画像に合わせて自動的に変化することだ。アーティストが赤を着ていると、ウィジェットも赤に変わるといった具合だ。アルバムがブルーならウィジェットもブルーになる。

ただし色の種類は限られているようだ。例えば、サムネール画像のカラースキームがグレイとホワイトの曲、テイラー・スウィフトの「フォークロア」などをストリームしたとき、ウィジェットはデフォルトのSpotify風グリーンシェードになった。

画像クレジット:Spotify widget, screenshot via TechCrunch

ウィジェットのカラフル体験は、ホーム画面で目立たせる効果がありそうだ。ただし、iOS 14ホーム画面を特定のデザインにカスタマイズしている人には問題になるかもしれない。たとえばアプリアイコンをニュートラルシェードやピンク、紫、ブルー、ブラックなどに統一している人などだ。

Etsyトレンドによると、iOS 14パックではニュートラルと秋シェードが現在のベストセラーで、明るいピンクと黒のダークテーマも人気だ。Spotifyのウィジェットはこの種のデザインと衝突する可能性がある。

Spotifyウィジェットへの期待は非常に高く、 ユーザーがiOSホーム画面のカスタマイズを始めると、正式版の公開前にあるサードパーティ音楽ウィジェットメーカーがApp Storeで急上昇した。そのTuneTrackというウィジェットメーカーは、2020年9月19には全体で8位、音楽ジャンルで1位にまで上りつめ、カスタマイズのトレンドに後押しされて数百万ダウンロードを記録した。

新しいSpotifyウィジェットは10月14日からApp StoreでアップデートされたSpotifyアプリの一部として公開される。

関連記事:iPhoneのホーム画面カスタマイズアプリがiOS 14リリース以降、インストール数激増

カテゴリー:ネットワービス
タグ:Spotify、iOS 14、ウィジェット

画像クレジット:Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook