BizteX

BizteXが約500のSaaS対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」公開

次の記事

Googleアナリティクスがアップデート、機械学習を活用して重要な顧客データを取り出せるように

BizteXが約500のSaaS対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」公開

BizteXは10月15日、国内展開されている約500のSaaS(Software as a Service)を対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」を公開したと発表した。

SaaS連携マップは、BizteXが国内約500のSaaSについて、サービス提供各社が公表しているプレスリリースやAPI連携情報をもとに独自で調査・情報整理したデータベース。約500のSaaSを「経費精算」「労務管理」「Web会議」「ビジネスチャット/社内SNS」といったカテゴリーごとに分類することで調べやすく、カテゴリ一覧上で各サービスの連携数を一目で確認可能。

企業が新たなSaaS導入時やSaaSベンダーのプロダクト開発時に、既存SaaSとの連携可否などを確認できるとしている。

BizteXでは、今後も継続的にデータベースの拡充を図ると共に、調査データに基づく情報を発信することで、効果的なSaaS活用やDX推進を通じた業務課題の解決に貢献する。

働き方改革やBCP(事業継続計画)対策対策、コロナ禍を背景に、多くの企業が業務の効率化・自動化、リモートワーク、情報共有を推進する中、サービスをスピーディーに導入できシステムの拡張性も高いSaaSの利用ニーズは益々高まっている。

国内企業では、1社あたり平均で20種類のSaaSを使っているとされる一方、複数SaaSを使うことでデータが各サービスに分散し、管理・運用が煩雑になるという課題があるという。

こうした中、BizteXでは、2020年5月よりSaaSなど複数システムを連携し、業務自動化・データ統合を実現するiPaaS(Integration Platform as a Service)「BizteX Connect」(正式版)の提供を開始。幅広い企業の業務課題やSaaSベンダーとの連携に取り組んでいる。

BizteX Connectは、同社提供のクラウドRPA「BizteX cobit」との連携によって、SaaSはじめ様々なシステムと連携し、ワークフローの自動化や一元化を実現できるサービス。プログラミングを行うことなく、画面操作だけでアプリ連携を設定できる。また、営業部門からマーケティング部門、人事・労務等の管理部門まで、幅広い部門の業務効率化を実現可能という。

カテゴリー: ネットサービス
タグ: iPaaSRPA / ロボティック・プロセス・オートメーションBizteX日本

関連記事
クラウドRPAとiPaaSの二刀流で企業の業務自動化を支援へ、BizteXが6.3億円調達
グロービス経営大学院が在校生や卒業生起業家に投資するG-Growthを開始、1号案件はクラウドRPAのBizteX