道路点検AI開発の東大発アーバンエックステクノロジーズが8000万円を調達、スマホとAIで道路の損傷状態を即時判別

次の記事

Virgin Orbitが12月に2回目の軌道実証打ち上げを計画中

アーバンエックステクノロジーズは10月15日、事業拡大を目的に8000万円の資金調達の実施を明らかにした。第三者割当増資によるもので、引受先は東京大学協創プラットフォーム開発とANRI。

同社が開発する道路点検AIは、これまで多くの自治体で実施されてきた車上からの目視による道路損傷確認業務を、スマートフォンとAI(人工知能)に置き換えて正確かつスピーディに実現し、業務の効率化を図るというもの。具体的には、自動車のダッシュボードなどにスマートフォンやドライブレコーダードライブレコーダーを搭載して、走行しながら路面の損傷を検出・録画・アップロードするシステムを構築。

サーバーにアップロードされたデータは、リアルタイムで、路線評価や維持修繕費の予測できる。同社ではこれを自治体ごとにカスタマイズしたものを提供していく計画だ。必要な機材は、スマートフォンやドライブレコーダーのみなので導入コストが低いのも魅力だ。なお、同社のプロジェクトは、2020年度のIPA未踏アドバンスト事業にも採択されている。

同社ではこのAIを活用して、道路のほか橋梁の点検AIの開発にも取り組んでいる。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:UrbanX資金調達