Google Cloudが住宅ローン業界向け専用ツールLending DocAIをローンチ

次の記事

あらゆるスマホに対応する新しくて完璧な端末固定ソリューション「Mobile by Peak Design」

Google Cloudは米国時間10月19日、初めてアメリカの住宅ローン業界のためのサービスLending DocAIを立ち上げた。目下プレビュー中のツールは、住宅ローン企業が借り手の所得や資産文書を評価する過程をスピードアップし、そのために専用の機械学習モデルを使って毎回必ずやるような通常の文書レビューを自動化する。

Google Cloudにはすでに、複雑な文書をOCRで読み取り、機械学習を利用してデータを取り出すサービスDocument AIがある。Lending DocAIはGoogle Cloudにとって初めてとなるこのDocument AI技術を利用する特定業種向けサービスだ。

Google(グーグル)のプロダクトマネージャーであるSudheera Vanguri(スデーラ・バングリ)氏は「目標は借り手と貸し手の両者に快適な体験を提供し、住宅ローンの締結までの時間を短縮し、関係者全員の利益になること。Lending DocAIを使えば住宅ローンの処理時間と費用を減り、データの取り出しを効率化し、規制やコンプライアンスの要件をサポートできる」と述べている。

グーグルは、このツールが住宅ローンのワークフローをスピードアップし借り手の体験も快適にするという。ローンの手続きをしたことがある人は知っているように、まず、必要な書類を揃えるのが大変だ。そして銀行やローンの仲介業者が、終わった、またはダメだったと連絡してくれるまで時間がかかるものだ

さらにグーグルは、この技術を使えばテクノロジーによるデータのアクセス制御や透明性、データの所在管理、顧客が管理する暗号鍵などによって「リスクを下げ、コンプライアンスを強化する」という。またこれらの技術構成が、AIを使うことにともなうリスクも下げる。

多くの点でこの新製品は、Google Cloudの新しいCEOであるThomas Kurian(トーマス・クリアン)氏のリーダーシップ下における現在の同サービスの新たな戦略の在り方を表している。

さまざまなレベルの開発者向け一般サービスは相変わらず大量かつ継続的に開発しているが、現在ではいろいろな業界業種の企業に向けたサービスにもそれらを同梱して、完全なソリューションとして売り込んでいる。これにより顧客企業の収益力も上がるとGoogle Cloudは信じている。すでに小売業通信、ゲームなどの業界向けソリューションを発表しており、パートナーシップにより導入を促進している。クリアン氏と彼のチームは、競合他社はツールを提供しているが、自分たちは総合的なソリューションを提供できると考えている。直近の四半期において、Google Cloudの売上は43%以上伸びているため、現在のところその戦略は効果があると考えてよいようだ。

関連記事:Googleクラウドに小売業向けに特化した新サービス

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Google Cloud不動産

画像クレジット:Michael Short/Bloomberg/Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa