Raspberry Piが産業利用向けのCompute Module 4を発表

次の記事

ブリティッシュ・エアウェイズの個人情報漏洩に対する制裁金が252億円から27億円に減額、新型コロナの影響で

Raspberry Pi Foundationは米国時間10月19日、新製品となるCompute Module 4を発表した。Raspberry Piのリリースを見てきた人なら、2019年6月にフラッグシップモデルのRaspberry Pi 4がリリースされたことを知っているだろう。Compute Module 4は同じプロセッサを搭載しているが、産業利用向けにコンピューティングモジュールにパックされている。

従来のRaspberry Piは、多数のポートを搭載したシングルボードコンピュータだ。しかしCompute Modulesは少し異なる。これらのシステムオンモジュールは従来のような外部ポートを持たない、よりコンパクトなシングルボードコンピュータになっている。

これにより従来のRaspberry Piを使ってプロトタイプを作成し、市販製品には大量のCompute Modulesを組み込むことができる。「当社が毎年販売する700万台のRaspberry Piの半数以上は、デジタルサイネージからシンクライアント、プロセスの自動化まで、産業および商業用途に使われている」と、Eben Upton(エベン・アプトン)氏はRaspberry Piブログに記している

Raspberry Pi 4とCompute Module 4とでは、VideoCore VIグラフィックスを搭載した64ビットARMベースのプロセッサを搭載するなど、極めて似通った部分もある。従来のCompute Moduleの顧客にとっては大きなアップグレードになるだろう。

特に、H.265ビデオの4K/60fpsとH.264ビデオの1080p/60fpsでのハードウェアデコード、H.264ビデオの1080p/30fpsでのハードウェアエンコードで、ビデオパフォーマンスが格段に向上している。またデュアルHDMIインターフェースを利用して、最大2台の4K解像度ディスプレイを60fpsで接続できる。

Compute Module 4のもう1つの大きな変更点は、多数のオプションが用意されていることだ。ワイヤレステクノロジ(Wi-FiとBluetooth)の有無、1GB/2GB/4GB/8GBのメモリ、8GB/16GB/32GBのeMMCフラッシュストレージを搭載できる。また外付けのeMMCやSDカードインタフェースを使用する場合に備えて、eMMCフラッシュストレージ非搭載モデルも存在する。

これらのスペックを組み合わせることでコストを抑えることができるわけだ。Compute Module 4には、ワイヤレス接続なし、1GBのメモリー、eMMCなしで25ドル(約2600円)のモデルから、ワイヤレス接続あり、8GBのメモリー、32GBのeMMCで90ドル(約9500円)のモデルまで、32種類のバージョンがある。

なお、以前のCompute Moduleと比較するとフォームファクタが変わっており、すべてのインターフェースを利用して開発を始めるには新しいCompute Module IO Boardが必要になる。こちらの価格は35ドル(約3700円)だ。

画像クレジット:Raspberry Pi Foundation

関連記事:ラズベリーパイ財団がRaspberry Pi 4を発表

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Raspberry Pi

画像クレジット:Raspberry Pi Foundation

原文へ

(翻訳:塚本直樹)