インサイドセールス向け通話記録のpickuponが8000万円を調達、外勤営業用iOSアプリも提供

次の記事

Amazonが同社以外の店舗における購入データを消費者から買い取るプログラムを開始

インサイドセールス向け通話記録のpickuponが8000万円を調達、営業領域向けiOSアプリも提供

pickupon(ピクポン)は10月21日、調達と融資合わせて総額8000万円の資金調達を発表した。引受先はサイバーエージェント・キャピタル、East Ventures、MIRAISE、小出 斉氏。

今回の資金調達により、会話サマリーAI電話「ピクポン」について、インサイドセールス領域・通話シーンにとどまらず、あらゆる営業領域の会話のやり取りが発生するシーンのコミュニケーションの効率化・コスト削減ソリューションの提供を目指す。その第1弾として外勤向けにスマートフォンでの通話内容を自動でテキスト化・共有できるiOSアプリの提供を開始した。

インサイドセールス向け通話記録のpickuponが8000万円を調達、営業領域向けiOSアプリも提供

iOSアプリでは、従来PCブラウザー用で提供していた機能をすべて使用可能。以下3つの機能を提供しており、インサイドセールスだけでなく外勤営業の業務効率化、入力コスト削減を実現できるとしている。

  • アプリを使った架電・受電
  • アプリ上での通話のサマリー(テキスト×音声)を作成し、顧客管理システムへ自動入力
  • 顧客の重要発言(課題感や怒りを含む発言)をSlackの指定チャンネルに通知

また9月1日よりプレリリース版を提供開始しており、すでに三菱地所ハウスネットのDX拠点「Cube i 有楽町」、営業支援ツールを開発するマツリカ、営業コンサルティングや営業向け社内情報検索サービスを手がけるBUFFなどが先行導入しているという。

ピクポンは、電話の会話内容のサマリーをAIがテキスト×音声で作成し、自動入力・共有してくれるサービス。入力を意識することなく、顧客との会話内容をチームのワークスペース(CRM・SFAなど)にシェアを行える。これにより、営業の架電シーンにおける入力漏れを防げる上、入力コスト削減や、営業活動のブラックボックス化問題を解決する。同サービスは2019年9月の提供開始以来、スタートアップ企業を中心に前月比約120%のペースでユーザー数が増加し続けているという。

インサイドセールス向け通話記録のpickuponが8000万円を調達、営業領域向けiOSアプリも提供

2018年2月設立のpickuponは、文字・印刷技術・複製技術・インターネットなどのように、世界を大きく前進させる「情報を共有するコストを大きく下げるテクノロジー」の創出を目指すスタートアップ企業。その第1弾として、音声とテキストをブリッジさせ、情報の共有コストを圧倒的に下げる会話サマリーAI電話ピクポンを開発・提供している。

関連記事
インサイドセールス向け通話記録ツール「pickupon」正式提供開始、「Senses」と連携

カテゴリー: ネットサービス
タグ: 資金調達pickupon日本