Brain Corp(企業)
Tennant(企業)
Sam's Club

アウトレット店Sam’s Clubが導入した自律ロボットは床掃除だけでなく在庫管理も一緒に行う

次の記事

AIがコード補完を行うツールKiteが新たに11言語をサポート

これまでの半年間で多くの企業が人間の労働者をサポートまたは代替する方法を求めるようになり、それにともなってロボットや自動化技術の選択肢も急増した。大規模なパンデミックでオフィスや店舗の閉鎖が増えたのだから、これは当然の傾向だ。

Walmart(ウォルマート)の子会社である会員制アウトレットのSam’s Clubはかなり前から床掃除ロボットを利用しており、現在、多くの店舗でTennantの床拭きロボットT7AMRを導入している。しかし今週同社は、2020年中にさらに372台を導入すると発表(PR Newswire記事)し、これで全米599店すべてにロボットが導入されることとなる。

このロボットは人間も操縦できるが、Brain Corpのサービスを利用して自律させることもできる。Sam’s Clubのような倉庫型の店舗はなにしろ広いので大歓迎だ。おもしろいのは、ソフトウェアにより床拭きと店内在庫のチェックの2役を同時に行える点だ。

親会社のWalmartは、すでにロボットを使って店内の在庫を調べている。同社は2021年1月にBossa Novaのロボットをさらに650店に導入して、合計1000店になると発表した。TennantとBrain Corp.のシステムはまだパイロット段階だが、ピーク時以外に2役をこなすロボットはすでに大きな話題になっている。大きな店舗では、掃除だけでなく在庫チェック大変な仕事なのだ。

関連記事
Bossa Novaの在庫管理ロボットがウォルマートの全米1000店舗に導入
Brainの工場・小売向け自動走行荷物配送ロボが近くデビュー

カテゴリー:ロボティックス
タグ:Sam’s ClubTennantBrain Corp

画像クレジット: Brain Corp.

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa