カメラ付きサングラスSnapchat Specaclesで撮影した気象変動ドキュメンタリー「First Person」の予告編が公開

次の記事

PayPalが仮想通貨の売買サービスを米国で開始、Paxosと提携

Snapchat(スナップチャット)は、Snapchat Spectacles(スナップチャット・スペクタクルズ)で撮影した同社初のオリジナルシリーズ「First Person(ファーストパーソン)」をまもなく公開する。

AR目的のスマートサングラス(未訳記事)を使ってドキュメンタリーを撮影するというのは、少々ウケ狙いにも感じられるが、「First Person」が挑戦するのは、気象変動という重いテーマだ。

シリーズを制作したのはジャーナリストのYusuf Omar(ユスフ・オマー)氏(Spectaclesを「2016年以来毎日の生活で」着用しているといっている)と彼のプロジェクトであるHashtag Our Storiesで、そこでは140カ国の1万人以上に、各自がスマートフォンを使って作品をつくるための訓練を行った。

「First Person」は、あのSpectaclesを6カ国の人々に配布して、それぞれが気象変動と戦うために行っていることを記録できるようにした仕事の延長線上にあるように思える。

「新型コロナウイルス感染症に襲われた時、世界のメディア制作者は撮影をやめました」とオマー氏が私宛のメールに書いている。「それでも我らがイノベーターたちは手を休めませんでした。彼らにSpectaclesを送ることで、新型コロナ禍の中では伝えるのが困難だった物語に私たちが触れることができるようになりました」。

Spectaclesで映像を作ることは単なる制作方法の1つではない、と彼は付け加えた。視聴者は文字通り、気象活動家の視点から物事をみることができる。

「こういう番組に一人称映像を使うことの素晴らしさは、変革を起こす人たちが実際に手を動かして、自分たちの見たい変化を生み、アップサイクルし、リサイクルし、実現するところを私たちが目撃できることです」と同氏は語った。「彼らが両手を使って行う肉体的行為を本人の視点から見ることで、その行動は語ることのできる興味深く没頭的なものになる。若い視聴者が見れば、『自分でもできるかもしれない』と思うでしょう」。

シリーズでは各話ごとにARレンズを使っている。あるレンズは地面にひび割れを付加して水不足を表現し、別のレンズは空に二酸化炭素の雲を付加して炭素排出を表現した。

「First Person」は米国時間10月24日土曜日に封切られる。

カテゴリー:その他
タグ:Snapchat

画像クレジット:Snap

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook