One-Netbook Technology
テックワン

テックワンが重量550gの2in1型7インチUMPC「One-Note A1」を発表

次の記事

Relativityの3DプリントフェアリングをロッキードがNASAの宇宙空間実験ミッションに採用

テックワンは10月22日、深圳One-Netbook Technology製7インチUMPC「One-Note A1」(国内正規版、日本語キーボード)を発表した。発売は12月4日開始予定で、公式サイトなどで購入できる。

公式サイト価格は、One-Netbook(第8世代Core m3-8100Y/8GBメモリー/256GB SSD)が税別7万4500円。ストレージ容量のみ違うOne-Netbook(第8世代Core m3-8100Y/8GBメモリー/512GB SSD)が税別7万9500円。なお公式サイトでは、10月22日から11月13日までの期間限定で、「先先行予約価格」で購入できる先行予約キャンペーンを展開中。

One-Netbook A1は、最大解像度1920×1200ピクセルの7インチH-IPS液晶ディスプレイ搭載のUMPC。国内正規版では、キーピッチ約15mmの日本語バックライトキーボード(日本語106/109配列)を採用している。

テックワンが重量550gの2in1型7インチUMPC「One-Note A1」を発表

One-Netbookが新たに独自開発した3軸ヒンジにより、サイズ173×136×19mm/重量550gと小型軽量ながら、なめらかな回転と高い耐久性を実現。ストラップホールが設けられており、ストラップを利用し片手作業時でも落とさないようにできる。

また、ディスプレイは10点マルチタッチに対応しており、タブレットやノートパッドとしても利用可能。2048段階筆圧検知スタイラス(別売)もサポート。

テックワンが重量550gの2in1型7インチUMPC「One-Note A1」を発表

CPUには第8世代Core m3-8100Yを採用。グラフィックス機能はIntel UHD グラフィックス 615(CPU内蔵)となっている。メモリーは8GBで、ストレージは256/512GB NVNe M.2 SSD。

インターフェースは、USB 3.0 Type-A、USB 3.0 Type-C(PD2.0対応)、Micro HDMI(D Type)、RS-232 シリアルポート、Bluetooth 4.2。microSD(SDXC対応)カードスロット搭載。ネットワーク機能は、有線LAN(1000BASE-T)、Wi-Fi(2.4/5GHz)。

テックワンが重量550gの2in1型7インチUMPC「One-Note A1」を発表

バッテリー駆動時間は約6時間。USB PD(5V/9V/12V)充電対応で、PD急速充電(PD fast charge)に対応したモバイルバッテリーでの充電が行える。

なお、提供時期は未定ながら、Ubuntu対応デバイスドライバーを提供予定としている。

関連記事
テックワンがSIMフリー対応の7型ゲーミングUMPCを8月中旬から発売

カテゴリー:ハードウェア
タグ:テックワンOne-Netbook Technology日本