SPAC(特別買収目的会社)がブームだが、女性投資家はほとんどいない

次の記事

Headroom、AIを使ってビデオ会議の質を飛躍的に向上させるために500万ドルのシード資金を調達

SPAC(特別買収目的会社)ブームを追いかけている人なら、株式公開された非公開企業を買収するためのブランクチェックカンパニーが続々と現れていることにお気付きかもしれない。こうした企業は主に男性によって組織されている。

銀行やベンチャー業界において財務の上級職に就く女性が比較的少ないことを考えれば、驚くことではない。しかし、この傾向に弾みがついた場合、すでに貧富の差を克服しようと躍起になっている女性が取り残されるのではないかという疑問も生じている。

女性投資家は少なくとも1人の女性創業者がいるスタートアップに2倍、女性CEOがいるスタートアップに3倍投資する傾向があることが調査で示されていることを考えてみよう。女性主導のSPACが、合併して株式公開する女性主導の企業を特定する傾向が強まることは想像に難くない。

また、SPACのスポンサーは多額の報酬を得ることができる。SPACが2年以内の合併を目指している場合、スポンサーは通常、投資家を確保した上でターゲット企業を説得する。そして提示された条件を受け入れるよう説得する見返りに、SPACの設立者の株式の25%を受け取るのだ。実際、SPACの業績がひどいものであっても(例えば合併した企業が後に詐欺で告発されるなど)、スポンサーには報酬が支払われる。

Eventbrite(イベントブライト)の共同創設者であるKevin Hartz(ケビン・ハーツ)氏は2億ドル(約210億円)のSPACを管理しているが、8月に次のように語っている。「2億ドルのSPACには5000万ドル(約53億円)の 『プロモーション』が入ります。しかしその会社が業績を上げず、例えば1年か18ヶ月で資金が半分になったとしても、株価は2500万ドル(約26億円)のままです」。ハーツ氏自身はこの保証された支払いについて「ひどいことです」と述べていたが、同氏とSPACのパートナーであるTroy Steckenrider(トニー・ステッケンライダー)氏は、SPACの最初のスポンサーとして物事を単純にしておきたいと、組織の構造は変えなかった。

現在のSPACブームでは、女性が完全に行方不明になっているわけではない。Axios(アクシオス)が先に報じたように、2018年にカリフォルニア州で可決された州法のおかげで、カリフォルニア州に拠点を置くほとんどすべてのSPACには女性ディレクターがいる。

特にこの2週間で、SECに登録するための少なくとも3つのSPACが、女性のスポンサーによって、排他的に、または部分的に立ち上げられた。ニューヨークを拠点とする投資家Hope Taiz(ホープ・タイズ)氏は、Drexel Burnham Lambert(ドレクセル・バーナム・ランバート )で投資銀行業務のキャリアを積み始めたが、今週、SECに3億ドル(約316億円)のブランクチェックカンパニーAequi Acquisition(アエクウィ・アクイジション)を設立する計画を届け出た

一方、雑誌編集者のJoanna Coles(ジョアンナ・コールズ)氏が率いる消費者中心のSPAC、Northern Star Acquisition(ノーザン・スター・アクイジション)は先週、3億ドル(約316億円)のIPOを申請し、気候変動技術に焦点を当てたSPACのClimate Change Crisis Real Impact I Acquisition(クライメイト・チェンジ・クライシス・リアル・インパクトIアクイジション)はIPOで2億ドル(約211憶円)を調達した。このブランクチェックカンパニーを率いるのはGreen Mountain Power(グリーン・マウンテン・パワー)のCEOであったMary Powell(メアリー・パウエル)氏だ。

SPACのスポンサーであるBetsy Cohen(ベッツィー・コーエン)氏は、金融サービス企業Bancorp(バンコープ)の創設者であり元CEOでもあるが、実際にSPACを利用して、これまでに4つのフィンテック関連のシェルファームを設立しており、直近では先月7億5000万ドル(約790億円)を調達している。興味深いことに、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)Jefferies(ジェフリーズ)のSPACプログラムはどちらも女性が主導している。

このような発展を考えると、女性がこのゴールドラッシュを見逃すのではないかと心配する人もいるかもしれない。とはいえ、今年500億ドル(約5兆2600億円)以上を調達した133のSPAC(最新の集計による)のうち、女性主導のSPACはごく一部にすぎない。

さらに、これまでこのプールに飛び込んできた伝統的なテック投資家は、何十ものSPACを念頭に置いているSocial Capital(ソーシャルキャピタル)のChamath Palihapitiya(カマス・パリーハピティヤ)氏を始め、ハーツ氏とステッケンライダー氏、起業家投資家のReid Hoffman(リード・ホフマン)氏とMark Pincus(マーク・ピンクス)氏、Ribbit Capital(リビットキャピタル)のMickey Malka(マイヤー・マルカ)氏、元Uber(ウーバー)幹部のEmil Michael(エイミル・マイケル)氏FirstMark Capital(ファーストマークキャピタル)の創設者など、もっぱら男性だけだ。

対する女性が注意を怠っているわけではない。私たちが話をした多くのトップ女性VCは、行動に従い、参加する方法を検討していると述べている。そうした著名な投資家の1人は、どのような状況でVCファームがSPACの設立に関与することが理にかなっているのかについて調査していると語った。

他の投資家は、まずポートフォリオ企業を通じてSPACへのエクスポージャーを得ようとするかもしれない。例えばConstruct Capital(コンストラクトキャピタル)のDayna Grayson(ダイナ・グレイソン)氏は、3Dプリント会社Desktop Metal(デスクトップメタル)への初期投資を主導したが、これはSPAC主導の取引で株式公開されることになっており、NEAのパートナーでもある。グレイソン氏はTechCrunchの最近のDisruptイベントでDesktop Metalについて話し、SPACを「企業にとって新しい可能性のある素晴らしい選択肢です」と表現した。

いずれにしても、元投資銀行家で現在はデータサイトSPACInsider(SPACインサイダー)を運営しているKristi Marvin(クリスティ・マービン)氏によると、今はパニックに陥る時ではないという。

その根拠の一つとして「ほとんどの銀行業務ではSPACは男性に偏っています」と説明する。SPACを後援している男性はもっと多いことが想定される。マービン氏による視点では、SPAC市場は過熱気味なので、今しばらく待つのも理にかなっているかもしれない。「同じ日に10件の取引を成立させようとすると、投資家は締め出されます」。

また、SPACには、一部の人が過小評価するような学習曲線が必要だ。「ヘッジファンドやPEファームがSPACに関与しているのはそのためです。インフラが整っているのとは対照的に、3人のスタッフが管理面だけで大変な仕事をしています」と彼女は語る。

マービン氏は、他の金融商品と同様に、時間の経過とともにSPACを受け入れる女性が増えると予想している。特に、多くの初期の支持者が示唆するように、SPACに耐久性があることが証明されればそうなるだろう。「1、2年たっても、まだSPACに足を踏み入れるのが男性のVCだけなら、それは問題かもしれません」と付け加えた。

関連記事:再起を目指すEVスタートアップFaraday FutureはSPACを通じた上場を計画する
カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:SPAC / 特別買収目的会社

[原文へ]

(翻訳:Dragonfly)