助太刀とSORABITOが協業、「助太刀アプリ」上で建設機械の買取サービスを開始

次の記事

Cansellが3泊以上の長期滞在に特化した宿泊予約リクエストアプリ「Ellcano」をリリース

助太刀とSORABITOが協業、「助太刀アプリ」上で建設機械の買取サービスを開始

建設職人と現場をマッチングするアプリ「助太刀」(Android版iOS版)運営の助太刀と、建設機械などのオンライン取引所「ALLSTOCKER」(オールストッカー)運営のSORABITOは10月26日、助太刀アプリ上において建設機械の買取サービスに関する協業を開始したと発表した。

全国13万事業者を超える「助太⼑アプリ」ユーザーは、同アプリ上で建設機械の買取を依頼すると、SORABITOがALLSTOCKERで培った豊富な相場情報と鑑定ノウハウを活かし、無料出張査定または専用ヤードでの無料査定を実施。買取価格の調整から支払いまでの一連の業務を実行する。

またSORABITOは、同サービスで買い取った商品をALLSTOCKERに出品。コロナ禍以降、毎月2回開催しているオンラインオークションでは、ベトナムやフィリピン、タイ、カンボジアといった東南アジア、さらには南米チリなど海外新規バイヤーの落札が急増しており、出品商品を充実させることで、オークション参加者の満足度を高め、さらなる落札増加につながることが期待されるという。

今回の協業をきっかけとして、両社はお互いのテクノロジーを掛け合わせ、建設業界全体の生産性向上につながるような新たな施策を引き続き検討していくとしている。

助太刀とSORABITOが協業、「助太刀アプリ」上で建設機械の買取サービスを開始

助太刀運営の「助太刀」アプリでは、76職種、居住地に基づく最適なリコメンド機能により職人や工事会社に出会うことが可能。正社員の求人の際には求人サービス「助太刀社員」を使えば、助太刀アプリユーザーの職人・施工管理に向けて求人を掲載できる。

フィンテック事業としては、工事代金をすぐに・確実に受け取れる「助太刀あんしん払い」や、アプリでの申込みや工事代金のチャージできるカード「助太刀カード」を展開。助太刀あんしん払いは銀行口座不要で利用でき、24時間365日セブン銀行ATMでの工事代金を受取りが可能。これらのサービスにより、初めての取引先でも未払いの心配をせずに取引できる。

EC事業の「助太刀ストア」では今後、材料や工具の購入、建機レンタルなど現場で必要なモノをどこでも注文できて、現場に直接届くサービスを順次拡充していく予定。

SORABITOは、住友商事および伊藤忠TC建機とグローバル展開を見据えた資本業務提携を実現。同社提供のALLSTOCKERは、東アジア・東南アジアを中心に150超の国・地域からアクセスがある建設機械売買のオンライン取引所。常時掲載型の「ALLSTOCKERマーケット」、定期開催のビッドアップ式オークション「ALLSTOCKERオークション」、世界中のバイヤーのオファーを集約し買取価格を提示する相見積サービスを展開している。

関連記事
建設職人マッチングの助太刀が社員の求人事業を開始、81職種から選べるほか施工管理技士も探せる
建設職人マッチングの助太刀が建機レンタル最大手のアクティオと協業、アプリ経由で最短翌日に建機が届く
建設職人マッチングの「助太刀」がパーソルや西武信金と提携、各地域の優秀な職人を発掘可能に
建設職人マッチングの助太刀がECサイト開設、電動工具の修理サービス開始
建設職人の職探しと報酬受け取りの問題をテクノロジーで解決する助太刀
中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」運営のSORABITOが9億円を調達
中古建機の販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」のSORABITOが3.6億円を調達
中古建機のマーケットプレイスALLSTOCKERが新たに5億円を調達

カテゴリー: ネットサービス
タグ: 助太刀SORABITO日本