Surrogate.tv(企業)

「マリオカート ライブ ホームサーキット」のリモートプレイをSurrogate.tvが非公式でサポート

次の記事

水質と配水を監視するソフトのKENTOSが合計約20億円を調達

ある年齢の読者は、TV Powww(1970年代に始まった米国のテレビ番組)の地域版を覚えていることだろう。この番組では視聴者が自宅から、Intellivisionのゲームをプレイしているスタジオ内オペレーターに電話で指示を与えていた。

おそらく最もよく知られているのはニューヨークのTV PIXXXで、プレイヤーは「PIXX」(局のコールレターにちなんだもの)のTシャツや米国の貯蓄債券の商品を期待していた。またゲームは、技術的な問題や遅延の問題に悩まされていた。

ありがたいことに、テクノロジーはそれ以降、大きな進歩を遂げた。特にライブストリーミングとクラウドゲームは、近年になってようやく実用的になった。2017年に設立されたフィンランドのSurrogate.tvはこの分野に工夫を凝らし、物理的な要素を持つゲームのリモートプレイ版を提供している。ピンボールやロボット格闘、クローマシーンなどが用意されている。当然のことながら「Mario Kart Live:Home Circuit(マリオカート ライブ ホームサーキット)」は、同サイトが提供するサービスにうってつけの候補だ。

先週ローンチされたSurrogateは1週間の間、何ブロックか離れた場所からユーザーにゲームをプレイする機会を提供する(ただし、人間のプレーヤーが必要なことに注意して欲しい)。このサービスを利用すると一度に4人のプレーヤーが、ARオーバーレイを提供するNintendo Switchからのフィードを使用してRCカートを制御できる。

画像クレジット:Surrogate

この体験を実現するために(なお、Surrogateは任天堂とは一切関係がない)、サイトはAdafruit M0マイクロコントローラで構築されたGitHubのNSGadgetPiプロジェクトを使用して、Switchをエミュレートしている。さらに各カートはSurrogateごとに、以下のデバイスを必要とする。

  • Nintendo Switch:ゲームを実行
  • Nintendo Mario or Luigi RC Kart:レーストラックで運転
  • Raspberry Pi 4:SurroRTGとSurrogateのカスタム画像を認識
  • HDMIキャプチャカード:ビデオフィードをキャプチャ
  • USBサウンドカード :サウンドをキャプチャ

画像クレジット:Surrogate

これはカートに99ドル(約1万1000円、4人プレイならその4倍)を費やすことなく、ゲームを体験するための楽しい方法だ。なお、若干のラグの問題がある。コツをつかむには数回のプレイが必要で、それ以上に時間がかかることもある。プレイするタイミングにもよるが、待ち時間はかなり長く、プレーヤーが増えればさらに悪化することだろう。

画像クレジット:Surrogate

しかし、少なくともTV Powwwの時代から状況は大きく改善されている。

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Surrogate.tv

画像クレジット:Surrogate

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter